logo

電通アイソバー、ユーザーの「態度変容」「心理変容」の要因を分析することにより、より深く顧客を理解するサービス、「Smart Analytics」の提供を開始

電通アイソバー株式会社 2016年08月25日 11時00分
From PR TIMES

~コンセプトダイアグラムと連動し、施策の貢献度の可視化や課題改善のPDCAサイクルへ活用が可能に~

電通アイソバー株式会社(本社:東京都中央区築地、代表取締役社長CEO:得丸英俊、以下電通アイソバー)は、アンケート調査とWeb解析のデータを紐づけて、顧客の態度・心理変容を分析するサービス「Smart Analytics」の提供を開始します。



【サービス概要】
従来のウェブ解析は、ウェブサイト内の短期のユーザー行動に対して現状把握を行い、行動結果と要因を説明することが中心でした。しかし、「Smart Analytics」では、ウェブ解析のデータにアンケート調査の回答を連係させることで、アンケートの回答内容(興味度・好感度・購入意向など)でユーザーをグルーピングし、そのグループがサイト内でどのように行動したのかを把握し、ウェブサイト内のコンバージョンと態度・心理変容との関係を検証できます。

Smart Analyticsのサービス詳細ページ:
リンク

■Smart Analytics は長期でユーザーの行動と心理を追います

[画像: リンク ]


■Smart Analyticsの活用例
1.企業が望む顧客の態度・心理変容の計測
顧客体験を向上させるために、ゴール達成までの態度・心理変容を目標指標として設定できます。

2.ボトルネックの発見と施策の貢献度の可視化
顧客の心理状態をウェブサイト内の行動分析で検証し、態度・心理に変化を与えた要因を探ることができます。

3.潜在顧客や優良顧客の条件を発見
アンケート回答内容ごとのグループやウェブサイト訪問者の行動データの比較から読み解くことができます。

4.MA(マーケティングオートメーション)などのシナリオ設計
「誰が」「いつ」「何を」「どのような経路」がわかるので、シナリオ設計の参考になります。

■「Smart Analytics」×「コンセプトダイアグラム」による精度の高いActionable Analyticsの実現
電通アイソバーは、Actionable Analyticsを心掛けており、これまでも顧客の体験価値を向上させるために、コンセプトダイアグラムという分析フレームワークを使い、データ分析に基づいた顧客視点の戦略立案からプランニング、施策の効果測定までのサービスを提供してまいりました。
今回、新サービス「Smart Analytics」を、コンセプトダイアグラムと連動することで、行動と心理の両軸から更に深い顧客分析が可能になり、精度の高いActionable Analyticsを実現します。

コンセプトダイアグラムのサービス詳細ページ:
リンク

【電通アイソバーの概要】
・社名:電通アイソバー株式会社
・本社所在地:東京都中央区築地1-13-1築地松竹ビル
・設立:2016年1月1日
前身の株式会社デジタルパレットの設立は2001年4月
・資本金:4億円
・従業員数:332名
・事業内容:デジタルソリューションサービス
・代表者:代表取締役社長CEO:得丸 英俊

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。