logo

RootMetrics、8月24日よりモバイル・パフォーマンスに関するサービスを日本で提供開始

IHSマークイット 2016年08月24日 12時00分
From Digital PR Platform


-国内初のモバイル調査では、NTTドコモが三都市すべてにおいて、総合パフォーマンスカテゴリーで「RootScoreアワード」を受賞
-東京と横浜では、NTTドコモとソフトバンクが総合パフォーマンスカテゴリーで引き分け第一位に。札幌では、auとNTTドコモが総合パフォーマンスカテゴリーで引き分け第一位

2016年8月24日(東京発)- - - 英調査会社IHSマークイットのRootMetrics(住所: 東京都中央区、カントリー・マネージャー: 大谷 修造)は本日、日本でのサービス提供を開始し、国内三都市で実施した「モバイル・ネットワーク・パフォーマンス・レビュー」の測定調査結果を発表いたしました。

RootMetricsは独立系モバイル調査・分析企業で、ユーザー体験を通じた信頼度の高いモバイル・パフォーマンス測定サービスを提供します。当社は、モバイル・ネットワークの信頼度、ネットワークスピード、データ通信、通話、およびSMSなど、各ネットワーク・パフォーマンスを科学的に測定、分析します。「RootMetrics RootScoreレポート」は、キャリア・通信事業者、通信インフラ、接続デバイス会社、消費者、およびメディアにおいて国際的に高く評価され、モバイル業界のネットワーク・パフォーマンス測定のスタンダードとされています。現在、北米、英国、スペイン、フランス、スウェーデン、アイルランド、韓国において、ネットワーク・パフォーマンス測定を実施しており、日本市場でも本格的にサービスをスタートいたします。

さらに、RootMetricsは本日、東京、横浜、札幌の三都市で実施したモバイル・ネットワークのパフォーマンスに関する測定調査結果を発表いたしました。この三都市は、異なる土地や通信条件の違い、そして人口規模を持つ地域でパフォーマンスを客観的に測定するために選定されました。この調査では、日本の三大キャリアであるNTTドコモ、au、ソフトバンクの各社を対象に、以下の六つのモバイル・パフォーマンスカテゴリーに分けて測定調査を実施いたしました。

■調査項目
1. 総合パフォーマンス  2. ネットワークの信頼度   3. ネットワークスピード
4. データ通信  5. 通話   6. SMS

RootScoreは何百万という複雑なデータ・ポイントを、明確でわかりやすいパフォーマンス評価に変換する方法でデータ数値を検出いたします。このサービスは、ユーザーの日常的なモバイル経験を反映するよう設計されており、0~100のポイントを使用して評価されます。この数値は、RootScoreのスコアが高ければ高いほどパフォーマンスが優れていることを示すという、シンプルなものです。
RootScoreの他、RootMetricsでは、今回調査を行った三都市で各キャリアの携帯端末を使用して記録したダウンロードとアップロードの速度中央値も明らかにしています。

【調査結果の概要】
● NTT ドコモとソフトバンクは東京と横浜の両都市の総合評価において、ともに一位を獲得。
● 札幌では総合評価において、auとNTTドコモが一位の栄光を分け合う結果に。

注:統計学上同順と判断されるべき場合は、値の異なるRootScoreでも、同順とみなします。


RootMetrics(ルートメトリクス)について

RootMetrics(R)は、モバイル・ネットワークのパフォーマンスを測定し、ユーザーのモバイル体験に関する測定情報・分析サービスを提供する独立系のモバイル分析ファームです。RootMetricsは、ネットワークの向上をサポートし、ユーザーにモバイル・パフォーマンスに関するエンドツーエンドのモバイル・ネットワーク測定データを提供いたします。当社では、ユーザーの実際のモバイルライフにおけるネットワーク・パフォーマンスを評価するRootScore(R)およびダウンロード可能なCoverageMapアプリを提供しています。実社会で携帯電話の使用を反映したテスト結果になるため、どこで、いつ、どのようにユーザーが多くの場合スマートフォンを利用しているかをベースに、RootMetricsのテストは実施されています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事