logo

ものづくりの達人は何を考えているのか。伝統工芸の職人やプロフェッショナルに会えるサイト「The CraftsMan1000」が誕生!

株式会社リアルジャパンプロジェクト 2016年08月23日 12時39分
From PR TIMES

ものをつくっているのは人

ものづくりの想いを後世に伝え、残していくリアルジャパンプロジェクトは、伝統工芸の職人やプロフェッショナルに会えるサイト「The CraftsMan 1000」をオープンします。



株式会社リアルジャパンプロジェクト(東京都渋谷区 代表取締役 河内宏仁)は、伝統工芸の職人やプロフェッショナルに会えるサイト「The CraftsMan 1000」(リンク) をオープンいたします。

このサイトは、伝統工芸や地場産業など、ものづくりを知るきっかけをつくるために生まれました。
工芸品や地場産品と一口に言っても、ものをつくっているのは人。そして、長い間そのものづくりを支えているのは人の想いであり、継承された技術であると考えます。
「The CraftsMan 1000」は、その道のプロと話したいけれど話す機会がない現状に対し、その架け橋となるようなサイトとして、職人やプロフェッショナルの想いを取材しご紹介しています。


[画像1: リンク ]



[画像2: リンク ]


ご紹介する職人の中には、家業を継承する職人からものづくりに憧れて伝統工芸士になった方、大正生まれ職人歴60年以上のベテラン職人など様々。また職人以外にも、地域に根差す地場産業が途切れないよう支える、その道のプロフェッショナル達もいます。ものづくりの達人や本物の良品を届けるプロが日頃から何を考え、感性と高度な技術を織り交ぜているのか。「The Crafts Man1000」は、それぞれの素顔にフォーカスし、現場ならではの“ものづくりの魅力”が浮き彫りになっているサイトです。

日本のものづくりの主役である、職人や作家、プロ達の想いや仕事の取り組み方を知り、日本のものづくりをもっと身近にそして未来へ繋げていきたいと考えています。


《会社概要》
リアルジャパンプロジェクトは、日本のものづくり・地場産業のブランドづくりをサポートするプロジェクトです。“日本のものづくりをもっと身近に”という想いから、2009年にプロジェクトを発足。以来、日本の伝統文化から生まれたこだわりのある品を独自の視点で販路を開拓、地域のものづくりを支援し、地域活性化を促進することを目的とした事業を展開しています。

日本のものづくりを発信するオンラインメディア REAL JAPAN PROJECT
リンク
職人の「技」と「心意気」、ニッンを体感するものづくり体験サイト REAL JAPAN Trip
リンク
日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト「日本のこと・もの」
リンク
オンラインストア REAL JAPAN PROJECT
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事