logo

Facebookダイナミック広告を簡単に出稿・運用できる。データフィード管理ツール:Gyro-n DFM(ジャイロンDFM)が連携開始。

株式会社ユニヴァ・ペイキャスト 2016年08月17日 10時49分
From PR TIMES

最小限の運用コストでデータフィード生成からFacebook、Criteo、Google、アイレコなど様々な広告プラットフォームの一元管理・出稿をサポート。

個別ユーザーに合わせた動的リターゲティング広告を、ユーザーのタイムライン上に自動配信してくれる「Facebookダイナミック広告」のフォーマットにデータフィード管理プラットフォームの「Gyro-n DFM(ジャイロンDFM)」が連携を開始しました。
Facebookダイナミック広告は2015年のサービス開始以降、Facebookならではのユーザー属性情報、行動履歴をもとにしたレコメンドアルゴリズムにより、高い広告効果を広くマーケターに認められているプラットフォームで、とりわけクロスデバイスによるターゲティングや、モバイルユーザーへのアプローチに大きな特徴があります。
出稿に必要となる「カタログ(=データフィード)」をGyro-n DFMで管理することにより、予算の限られた環境でも容易にデータフィード生成から出稿・管理・運用を行うことができるほか、導入サポートによりエンジニアのリソースが確保できない状況でもCriteo、アイレコ等も含めた複数のプラットフォームへの同時出稿を行うことができます。



WEBマーケティング支援ツール・Gyro-n(ジャイロン)を運営する株式会社ユニヴァ・ペイキャスト(本社:東京都港区六本木、代表取締役:呉英仁)は、2016年8月16日よりデータフィード広告最適化・マネジメントツール:Gyro-n DFM(ジャイロンDFM)を、Facebookダイナミック広告に対応させました。これにより、従来連携しているCriteo、Google Merchant Center、アイレコを含む各種プラットフォームに対応させたデータフィードを一括で管理することができるようになります。
[画像1: リンク ]



リンク


Facebookダイナミック広告とは?


[画像2: リンク ]

Facebookダイナミック広告は、広告主の製品情報(名称、在庫、URL、画像など)を規定の形式でデータ化した製品カタログ(=データフィード)をアップロードしておくことで、個々のユーザーの属性、行動に合わせた最適な広告をFacebookのタイムラインに配信する動的リターゲティング広告です。
Facebookならではの豊富なユーザー属性や行動履歴を使った広告配信アルゴリズムにより、効果の高い広告を配信できるだけでなく、Facebook IDを基準に個別の人を認識したターゲティングを行えるため、クロスデバイスでの広告配信ができる利点があり、とりわけモバイルユーザーへの効果的な訴求が期待できる広告プラットフォームです。
リンク


Gyro-n DFMの機能と利点

[画像3: リンク ]

Facebookダイナミック広告の出稿に必要な「製品カタログ」の管理をGyro-n DFM(ジャイロンDFM)で行うことで、低コストでのデータフィード生成・管理、出稿に必要なタグ設置サポートを受けることができます。これにより、エンジニアのリソースが限られる状況でもFacebookダイナミック広告の迅速な出稿が可能となります。

・クローリング&フィード自動生成機能
自社でのデータフィード生成が難しい場合は、お客様のWEBサイトをクローラーが自動クロールし、サイト上の商品情報から自動でデータフィードを生成します。クローラーは、毎日最新の情報を取得し、Facebookにフィードするため、「製品カタログ」は常に最新の状態に維持され、広告の機会損失を最小限に抑えることができます。

・商品データ管理機能
Gyro-n DFMで管理されたデータは文字数制限、必須項目など、Facebookのフォーマットに合わせたバリデーションチェックが行われ、自動で最適化されます。

・タグカスタマイズ機能
Facebookダイナミック広告で最適な動的リターゲティング広告を配信するためには「Facebookピクセル」と呼ばれるトラッキングタグを自社ウェブサイトに適切に配置する必要があります。Gyro-n DFMは、この複雑なトラッキングタグを簡易な管理画面上での操作により自動で生成し、タグ設置を強力にサポートします。このため、技術のあるエンジニアがいない状況でもFacebookダイナミック広告を短期間で導入することが可能になります。

・複数のデータフィード広告をサポート
Gyro-n DFMはFacebookダイナミック広告だけでなく、Criteo、アイレコ、Google、Indeedなどの様々なデータフィード広告媒体のデータ形式をサポートしています。このため、同一のマスターデータを用いて、Facebook導入と同時に他媒体への広告出稿も進めることができます。
リンク


Gyro-n DFMの導入
Gyro-n DFMは月額12,000円(20,000アイテムまで/初期費用0円)からスタートできます。自社でデータフィードを用意できない場合には、データフィード生成オプション(50,000円(導入時のみ/毎日の更新は無料)のご用意もありますので、ローコストでデータフィード広告の運用が始められます。
リンク


Gyro-n(ジャイロン)について

[画像4: リンク ]

Gyro-n(ジャイロン)は、株式会社ユニヴァ・ペイキャストが提供するデジタルマーケティング支援ツールのブランド名です。データフィード最適化(DFO)、SEOマネジメントツールといった、サイトへの入口に寄与するサービスからいわゆるWeb接客やLPO、ABテスト、EFOといったサイト内の改善・CVR向上といった出口に寄与するサービスまで、サイト運営者の様々なニーズに対応したツールをラインナップしております。
リンク


株式会社ユニヴァ・ペイキャストについて

[画像5: リンク ]

本社:東京都港区六本木3-16-35 イースト六本木ビル2F
代表者:代表取締役 呉英仁
設立:平成13年11月
資本金:53,600千円
TEL: 03-6441-3400(代表)
FAX: 03-5545-7520
URL: リンク
事業内容:デジタルマーケティング支援ツール「Gyro-n」開発、決済代行、業務基幹システム開発・保守

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事