logo

第13回年次国際ビジネス大賞で、全世界のスティービー受賞者を発表

The Stevie Awards 2016年08月15日 10時30分
From JCN Newswire


FAIRFAX, VA, Aug 15, 2016 - ( JCN Newswire ) - 世界で唯一の国際的かつ包括的なビジネス賞プログラムである「第13回年次国際ビジネス大賞」では、ゴールド、シルバーおよびブロンズのスティービー賞の受賞者として、世界各国で優れた業績を達成した企業やエグゼクティブを選出しました。

スティービー賞の名前の由来はギリシャ語の「冠をいただいた」という意味で、授賞式は10月21日(金)にイタリアのローマにあるローマ・カバリエリ・ウォルドーフ・アストリア・ホテルで開催される晩さん会で行われます。イベントのチケットは現在 www.StevieAwards.com/IBA で発売中です。

ゴールド、シルバーおよびブロンズのスティービー受賞者は、60か国以上からノミネートされた3,800以上の企業・団体・個人から選ばれました。国際ビジネス賞では全世界のすべての企業が選考対象で、経営賞、年間最優秀企業賞、マーケティング賞、広報賞、顧客サービス賞、人事賞、新製品賞、IT賞、ウェブサイト賞などさまざまなカテゴリーに応募できます。

今年は世界各国から200人以上のエグゼクティブが、スティービー受賞者の審査プロセスに参加しました。

今年のゴールド・スティービー最多受賞企業は、韓国の広告代理店のHS Adで、さまざまなカテゴリーで13件のゴールド・スティービー賞を獲得しました。次はMSLGROUP worldwideのゴールド・スティービー8件、その次はTelkom IndonesiaとWeber Shandwick worldwideがそれぞれ7件でした。Accenture (米国)、DHL Express Worldwide、Dubai Statistics Center (アラブ首長国連邦)、Freelancer.com (オーストラリア)は6件でした。シスコシステムズ(米国)、Jeunesse Global (米国)、Say Communications (英国)は5件、ASDA'A Burson Marsteller (アラブ首長国連邦)、CallidusCloud (米国)、Odea Bank A.S. (トルコ)は4件でした。

ゴールド・スティービー3件を受賞した企業は、KB Kookmin Bank (韓国)、LLORENTE & CUENCA (スペイン)、Ribose (香港)、PRONET (トルコ)、Qonsilus GmbH (ドイツ)、Vodafone (トルコおよび英国)でした。

2016年のゴールド、シルバーおよびブロンズのスティービー受賞企業のカテゴリー別一覧は www.StevieAwards.com/IBA にあります。

「今年の国際ビジネス賞には今までで最多のノミネーションが寄せられ、審査員と私は世界各国の職場での素晴らしいサクセスストーリーに感嘆しました。」と、スティービー賞創設者で会長のMichael Gallagherは述べました。「スティービー受賞者の表彰式は10月21日にローマで行われ、その後数か月間、ウェブサイトとソーシャル・メディア・チャンネルで世界の皆様に向けて事例をご紹介します。」

8月22日から1週間以内に、IBA大賞と5つの最優秀賞が発表される予定です。受賞企業は、企業ごとに獲得したゴールド、シルバーおよびブロンズのスティービー賞の合計数によって決定し、ローマで開催される授賞式で大賞トロフィーとともに贈呈されます。

スティービー賞のトロフィーまたは国際ビジネス大賞のロゴの高解像度写真は リンク にあります。プレス向けの他の情報とリソースは リンク にあります。

スティービー賞について

スティービー賞には、アジア太平洋スティービー賞、ドイツ・スティービー賞、全米ビジネス賞、国際ビジネス賞、スティービー・ビジネス女性賞、スティービー最優秀雇用主賞、スティービー・セールス&カスタマー・サービス賞の7つの褒賞プログラムがあります。スティービー賞には、毎年60か国以上の企業・団体から10,000件以上のノミネーションがあります。スティービー賞は全世界で、企業・団体やそれを支える人々の優れた業績を、種類や規模を問わずに表彰してきました。スティービー賞について詳しくは、 www.StevieAwards.com をご覧ください。

お問い合わせ先
Maggie Gallagher
Maggie@StevieAwards.com
+1-703-547-8389

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。