logo

「日本橋再生計画」が目指すハードとソフトの融合       「福徳の森」完成へ 2016年9月28日(水) 森開き


三井不動産株式会社(本社:東京都中央区)は、「(仮称)日本橋本町二丁目特定街区開発計画」において事業を推進してきました「福徳の森」が、本年9月28日(水)に森開きすることを決定しましたので、お知らせいたします。

現在、日本橋では、「残しながら、蘇らせながら、創っていく」をテーマに官民地域が一体となって、「日本橋再生計画」を推進しており、当社は推進メンバーの一員として様々な取り組みを行っています。日本橋固有の歴史や 文化、水辺空間、コミュニティなどのアイデンティティーをベースとして、働く、住まう、遊ぶ、憩うなどの様々な機能を複合した街づくりを目指し、ハードを創るだけでなく、ソフトの付加価値創出事業を展開しています。

日本橋は江戸時代から、五街道の起点として多くの「人」が行き交い、歴史と伝統を受け継いだ老舗の商店や 企業、住民など地域コミュニティの「人」が中心となって江戸文化の発信を担ってきました。

「福徳の森」は、そうした日本橋のアイデンティティーをベースに、2014年に再興した「福徳神社」と連続した1,000m2超の広場空間として人々に憩いの場を提供するとともに、人々が集い、交流し、地域コミュニティを新たに創出し、発信していく拠点となることを目指して、周辺の住民や団体、企業などにひらかれたイベントスペースとしても機能します。

9月28日(水)からは森開きを記念して、日本橋の「人」に着目し、「人」を通して、日本橋の魅力に触れていただく「日本橋 熈代祭(きだいまつり)」を10月9日(日)まで開催します。

また、江戸時代から多くの薬種問屋が軒を連ねて、現在も多くの製薬企業が拠点を構える「くすりのまち」日本橋の歴史を象徴する「薬祖神社」も、昭和薬貿ビル屋上から「福徳の森」敷地内に移転する予定です。

今、日本橋では、商業施設「コレド日本橋」「コレド室町」のオープンや当社も参画する「ライフサイエンス・イノベーション」の取り組みなどによって、これまで以上に多様な人々が集い、新たな賑わいが生まれています。その中心で、ハードとソフトの融合によって新たな地域コミュニティを創出する「福徳の森」は、「日本橋再生計画」の象徴となる取り組みです。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事