logo

みんなのシストレ「システムトレーダー」大幅リニューアルのお知らせ

ストラテジーを探して、選んで、投資する。誰でも簡単にシステムトレードを始められます。

トレイダーズホールディングス株式会社の完全子会社であるトレイダーズ証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金丸勲)は、店頭デリバティブ取引「みんなのシストレ」におきまして、下記の通りPC版取引ツール「システムトレーダー」を2016年9月上旬以降大幅にリニューアルいたします。



[画像: リンク ]


平素より、トレイダーズ証券をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

この度、「みんなのシストレ」は、お客様により充実したサービスをご提供することを目的に、システムトレードの取引画面である「システムトレーダー」を大幅にリニューアルする運びとなりました。リニューアル後は、より見やすく、使いやすい画面に生まれ変わります。

新しい取引画面では、運用成績やストラテジーの選択状況が一目でわかり、従来より簡単な操作でシステムトレードを行えるようになります。ストラテジーのランキングには通貨ペア、取引回数目安、投資金額目安、ポイント(※1)の検索項目が追加され、より自分の好みに合ったストラテジーを見つけることも可能となります。
また、過去の取引をもとに将来の予想収益を計算するシミュレーション機能を追加。システムトレードを稼働させる前に、将来の収益の参考値をチェックすることもできるようになります。

(※1)ポイントは、各ストラテジーの調子が一目でわかる独自指標です。利益や勝率、取引回数等をもとに算出し、1~10ポイントの範囲で表示します。

リニューアル内容の詳細は、特設ページにてご覧ください。
「システムトレーダー リニューアル」特設ページはこちら

なお、リニューアルに伴う主な変更点や注意点についてはお知らせにてご案内しております。
以下よりご確認くださいますようお願い申し上げます。
リニューアルに関するご案内はこちら

トレイダーズ証券では、お客様により良い取引環境をご提供できますよう、日々努力してまいります。
今後とも、トレイダーズ証券をよろしくお願いいたします。

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのシストレ」及び店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」は金融商品取引法に規定される店頭デリバティブ取引です。本取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。■証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、個人のお客様はお取引額の4%(レバレッジ25倍)、法人のお客様はお取引額の1%(レバレッジ100倍)となります。■レバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。■みんなのシストレ、みんなのオプションの取引手数料および口座管理費は無料です。■みんなのシストレのシストレ口座は、投資助言報酬は片道0.1Pip(税込)でありスプレッドに含まれております。■スワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。■当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示している「みんなのシストレ」のスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。 ■ロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。■「みんなのオプション」は満期日が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入金額は1Lotあたり50円から990円となります。■オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。■相場の変動により当社が提示する購入金額(チケット)よりもお客様に不利な金額で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事