logo

イケメソ男子グランプリ2016開催決定!ソニー・ミュージックレコーズ×DMM.yell當山みれいの新曲MVに登場する泣き顔イケメンオーディションを開催!

株式会社DMM.com 2016年08月03日 13時00分
From PR TIMES

WEBを通じて様々なコンテンツを提供する株式会社DMM.com(代表取締役:松栄立也、 本社:東京都渋谷区恵比寿 リンク 以下、DMM.com)は、有名人とのコミュニケーションアプリ「DMM.yell」(ディーエムエムドットエール)において、ソニー・ミュージックレコーズから今秋発売予定の「當山みれい」さんの新曲ミュージックビデオに出演するメンズのオーディションを開催する事をお知らせいたします。



[画像1: リンク ]


本イベントの企画・監修は涙活プロデューサーの寺井広樹氏。今回の當山みれいさんの新曲MVは「涙」をテーマにしたもので、MVに出演が決定したメンズには、『泣き顔が美しいイケメン、イケメソ男子グランプリ』として表彰いたします。


◇オーディションの説明
指定期間において投稿文にハッシュタグ「#イケメソ男子グランプリ」をつけて投稿した、「メンズ」タブ、「一般」タブの中から、ソニー・ミュージックレコーズから発売する當山みれいさんの新曲MVに出演できます。


◇オーディションの流れ
■一次選考
DMM.yellでの投稿
エントリー期間及び選考期間:2016年8月3日(水)12:00~8月21日(日)23:59
yell数を一番多く獲得したメンズは無条件で、最終選考に進む事ができます。
その他は、投稿画像と文章によるアピールで審査します。Yell数1位以外は参考値とします。

■最終選考
9月上旬頃、最終選考へ進むメンズをHPで発表。
オーディション会場で泣き顔を披露していただき、出演者及びイケメソ男子グランプリを決定します。

■今秋頃、新曲発売!!

【応募資格】
DMM.yellのメンズタブに参加する公式有名人と一般枠に参加する男性に参加している公式有名人

【キャンペーンページURL】
リンク


◇當山みれいとは?

[画像2: リンク ]

1998年7月27日生まれ。18歳。
新世代のリアルを叫ぶ、SNS世代の等身大シンガー 。

2013年夏まで全米トップの名門ゴスペルチーム“Gospel For Teens”に所属し、唯一のアジア人として異例のリードヴォーカル抜擢という活躍をみせた。日本でもその模様がTV東京系『超流派』で長期特集が組まれ話題になった。

2013年6月にシングル「TATTOO」で全米デビューも果たしたほか、シリーズ累計75万ヒットを記録するDJ和のコンピレーションアルバムのために「Hysteric Girl」「I Wanna No feat. SHUN」をそれぞれ書き下ろすなど、デビュー前の新人として異例の大抜擢を受け業界内でも話題になる。

2014年6月25日両A面シングル「Fallin' Out/I Wanna NO feat. SHUN」でデビュー、iTunesのR&B/ソウルアルバムチャートで1位を記録。
同年6月末には米BET AWARDS前夜祭出演という日本人初の快挙を成し遂げる。

2016年7月27日、1stFull Album「My Way」で再び牙を剥く、本格派シンガーソングライター。

力強いメッセージとダンスパフォーマンスにより、“20世紀生まれ最後のモンスター”としてグローバルな可能性に注目が集まっている。


◇涙活プロデューサー寺井広樹とは?
「涙活」発案者であり、いま話題の「イケメソ宅泣便」の企画・監修を担当。

涙活とは、意識的に涙を流すことで心のデトックスを図る活動。
涙活公式サイト:リンク
イケメソ宅泣便:リンク


◇イケメソ男子とは?
「イケメンでメソメソ泣く男子」が語源となっており、泣き顔が美しいイケメンを指す。


■DMM.yellとは
DMM.yellは、有名人が投稿した写真・動画の閲覧、さらにコメントや応援により有名人とユーザーがコミュニケーションできるSNSアプリです。さらに、一般の女の子も有名人と同様にアプリ投稿することができ、アイドルやタレントを目指す女の子の入り口としても活用頂けます。現在は、1200組3,200名以上の有名人が参加中(順次拡大しております。)
[画像3: リンク ]

公式サイト:リンク
公式Twitter:リンク
公式Twitter(メンズ):リンク


■本件についてのお問合せ先
株式会社DMM.com 広報部
東京都渋谷区恵比寿4丁目20番地3号 恵比寿ガーデンプレイスタワー21階
TEL:03-5789-7031(受付時間:平日10:00~18:00) E-MAIL:release-dmm@dmm.com

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。