logo

間接部門の業務を低コスト・短期で自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)導入サービスを本格展開

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 2016年08月03日 10時00分
From PR TIMES

8週間の短期間で当社に導入・実証しバックオフィス業務の運用コストを2割削減

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社(以下DTC、本社:東京都千代田区 代表執行役社長:近藤 聡)は、間接部門の生産性向上と人材の効果的活用の手段として注目されるRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の導入サービスを本格的に展開します。



RPAとは工場でロボットが組立やパッケージングをするように、例えば人事、経理財務、調達、営業事務などの業務領域で、ヒトによる処理行動と全く同様に各種アプリケーションを操作することができるソフトウェアのことで、いわばソフトウェアを動かすソフトウェアです。

短期間、低コストで導入できる点が最大の特徴で、大規模なシステム導入やプログラムの修正・変更を必要とせず、既に企業で使われているERPやメールソフト、表計算ソフトなどをそのままに、従来ヒトが手作業によって行っていた入力やデータ連携の多くを自動化します。

従来、定型業務については海外移転(オフショア)におけるシェアードサービスセンター(SSC)導入などによりコスト削減が図られてきましたが、RPAではそれ以上のコスト削減が期待され、その効果は運用コストだけで20%以上にのぼると試算されています。また、ロボット化(ロボティクス)ならではの「品質の安定性」「処理の正確性」「フロー変更などへの対応の柔軟性」「マルチファンクション」「24時間対応」といった特徴から、コスト面以外の導入効果も認められます。

サービス展開に先立って、DTCではバックオフィスの一部業務で導入・実証し、短期間に担当者の業務工数削減の効果を得ました。現在も適用範囲の拡大を行っており、より効果的な活用で導入効果を更に高めていくほか、今回の実証結果とデロイトグローバルでの広範な導入事例を基に、顧客へのサービス提供を本格化させます。

■デロイト トーマツ コンサルティングにおけるRPA導入事例
当社では、自社のバックオフィスにおいて行っているプロジェクト案件の受注~契約管理業務にRPAを導入しました。当該業務はルールに基づいて繰り返す業務で、具体的には図に示す5つの業務プロセスをロボットで完全に代替しました。基幹システムなどの改修を伴うことなく、8週間で導入が完了し、周辺の業務プロセスの削減効果と合わせると、全体の2割超のコスト削減効果があると評価されています。
[画像: リンク ]



なお、デロイトが提供するRPA導入サービスについての詳細は当社ウェブサイトをご覧ください。
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事