logo

高校生 1級・準1級・2級の受験者数、および合格率 昨年度同回次より大幅アップ!! ~4技能のバランスの良い学習の成果も顕著~

公益財団法人日本英語検定協会 2016年07月29日 14時09分
From Digital PR Platform


公益財団法人 日本英語検定協会 (理事長:松川孝一、所在地:東京都新宿区、以下「英検協会」)は、このたび終了した2016年度 第1回 実用英語技能検定(一次試験日:6月12日 二次試験日:7月10日)と前年度同回次(2015年度第1回)の試験結果を比較分析いたしました。その結果、特に高校生での2級(高校卒業レベル)以上の級の受験者数、ならびに合格率が大幅にアップしましたので、速報として報告いたします。

1.一次試験(RLW技能)における高校生の受験状況 

■2016年度 第1回一次試験(RLW技能)高校生の受験者数および増加人数・増加率

1:級 2:一次試験受験者数 3:増加人数(前年度 同回次比) 4:増加率(前年度 同回次比)

1: 1級 2: 1,160人 3: 324人増 4: 39%増
1: 準1級 2: 12,285人 3: 3,787人増 4: 45%増
1: 2級 2: 84,741人 3: 9,695人増 4: 13%増


■2016年度および2015年度 第1回一次試験(RLW技能)高校生の合格率

1: 級 2: 2016年度第1回検定 一次試験合格率(%)3: 2015年度第1回検定 一次試験合格率(%)

1: 1級 2: 44.0% 3: 23.0%
1: 準1級 2: 18.0% 3: 15.0%
1: 2級 2: 34.0% 3: 27.0%

2. 二次試験(S技能) における全体の合格率 ※1 
※1 本来であれば高校生の合格率を掲示するところであるが、解析中であり、全体での合格率を速報値として記載

■2016年度 第1回 二次試験(S技能)合格率

1: 級 2: 2016年度 第1回検定二次試験合格率(%) 3: 2015年度 第1回検定二次試験合格率(%)

1: 1級 2: 66.2% 3: 66.2%
1: 準1級 2: 89.8% 3: 89.1%
1: 2級 2: 80.4% 3: 83.9%

二次試験 (S技能) の合格率は昨年とほぼ同じである。

なお、今回と昨年度同回次の検定の難易度は、IRT(Item Response Theory) 理論等に基づき、均質であることを検証済です。


■今回の結果
・高校卒業レベルの2級よりも上位級である、準1級ならびに1級の受験者数の増加率が高い。

・2級以上の上位級での合格率が上昇しており、特に、最上位級である1級においては5割弱の合格率を示していることから、高校生における、一次試験で評価される3技能(RLW)の英語能力が著しく向上している。

・1級、準1級、2級の一次試験(RLW技能)において、高校生の合格率が上昇している。二次試験(S技能) の合格率は昨年とほぼ同じであるため、高校生の英語の4技能(RLWS)が、バランス良く向上したと考えられる。


この結果に至った要因として、英検協会では、文部科学省が平成25年度から年次進行で実施している「授業を英語で行うことを基本とする」とした高等学校の学習指導要領や、第2期教育進行基本計画※2の趣旨が教育現場に広く浸透している成果の表れと推察いたします。

全国の英語の先生方は4技能をバランスよく取り入れた授業をおこない、生徒達は授業のなかで英語で「話す」・「書く」習慣を養う取り組みを通し、英語でコミュニケーションが取れる喜びや英語への興味・関心が増していることがうかがえます。それにより学習意欲が高まり自分自身の英語力に自信を持った生徒達が、その実力を試したいとの思いで実用英語技能検定をより高い級で受験されたのではないか、そして実際に、今回の高校生の2級(高校卒業レベル)以上の上位級で合格率が目覚ましく上昇していることから、4技能を統合した授業を受けている生徒達の英語力は向上していると英検協会では判断いたします。

なお、本リリース以外にも、第1回検定の試験結果を多角的に分析しており、それらにつきましても随時ご報告申し上げます。

※2 平成 25年度(2013年度)第2期教育振興基本計画(平成25年6月14日閣議決定)におきまして、文部科学省は、中学生と高校生の英語力を、平成29年度(2017年度)までに、中学校卒業段階で実用英語技能検定3級程度、高校卒業段階で準2~2級程度以上を達成した生徒の割合を50%以上とすることを成果目標に掲げています。


■公益財団法人 日本英語検定協会について
公益財団法人 日本英語検定協会は、「実用英語の普及と向上」を目的に1963 年に設立されました。以来、実用英語技能検定の実施・運営のほか、児童向けの「英検Jr.(旧・児童英検)」やビジネスパーソン向け英語能力テスト「BULATS(ブラッツ)」、留学・海外移住のための英語運用能力試験である「IELTS(アイエルツ)」、さらには英語教育に関する優秀な研究企画に助成金を交付する「英検研究助成」制度など、実用英語の普及・向上に向けた様々な取り組みを展開しています。2012 年4 月、内閣府からの認定書交付を受けて正式な団体名称を「公益財団法人日本英語検定協会」に改めています。
英検協会ウェブサイト:リンク


<本件の問い合わせ先>
公益財団法人 日本英語検定協会 広報課 板津 敏
TEL:03-3266-6840 FAX:03-3266-6570   E-mail: kouhou21@eiken.or.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事