logo

高度100kmの宇宙空間からの流星粒子回収プロジェクトをスタート~第一弾として小型観測ロケットによる超音速飛翔実験に成功~千葉工業大学

千葉工業大学 2016年07月28日 08時05分
From Digital PR Platform


千葉工業大学和田豊研究室(千葉工業大学惑星探査研究センター/機械電子創成工学科)が開発した小型観測ロケットCSSR(Chiba-koudai Small Sounding Rocket)の打ち上げ実験を7月8日午前8時6分45秒に実施した。


 テレメトリのデータより、本ロケットは高度約4.9kmへ達したことが分かった。また、その高度まで到達するためには少なくとも音速を超えることが必要となるため、シミュレーション値であるマッハ1.22を記録したと予想されている。

 同じくテレメトリのデータにより、頂点付近でのパラシュート開傘に成功したことが分かった。
 回収予想地点からは、ロケットエンジンの一部の回収にも成功した。

 本実験では伊豆大島差木地広場から打ち上げ実験を実施し、初の試みを実行することができ、同大が研究開発を進めている新型ロケット燃料である低融点熱可塑性樹脂による飛翔実証にも成功したことから、メインミッションは成功したと判断している。

 本実験の成果は、今後数年以内の打ち上げを目指した高度30kmに到達する観測ロケットの設計製作に生かされる。最終的には高度100kmの宇宙空間を目指し、流星粒子などの回収を行うロケットとして運用を予定している。

▼本件に関する問い合わせ先
 和田 豊
 惑星探査研究センター 非常勤上席研究員/工学部 機械電子創成工学科 准教授
 TEL: 047-478-0513

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。