logo

“素材の蚤の市”『materialoop[マテリアループ]』が「ナカダイ池袋市場2016」に参加(~7月26日まで)

株式会社フェリシモ 2016年07月22日 17時10分
From PR TIMES

フェリシモのアップサイクルをコンセプトとした“素材の蚤の市”『materialoop[マテリアループ]』は、西武池袋本店で7月26日(火)まで開催中の「ナカダイ池袋市場2016」に参加しています。materialoopは、本年5月にウェブサイトを公開した、素材のシェアリングエコノミーサイトです。廃棄物コンサルティングなどを行う株式会社ナカダイから素材の出品を受けている関係から、モノの最後として廃棄物にアップサイクルなアイデアを加えることで暮らしをデザインし、廃棄物だからこそできる独特な空間を提案する「ナカダイ池袋市場2016」に参加することとなりました。materialoopコーナーでは、手芸BOXをイメージした展示で、布地やボタンなどを販売しています。



■西武池袋本店「ナカダイ池袋市場」にフェリシモmaterialoopが参加(~7月26日まで)
イベントサイトへ >>> リンク
[画像1: リンク ]



■イベントの概要
・名称:「ナカダイ池袋市場2016」
・日時:7月20日(水)~26日(火)
 [月~土]午前10時~午後9時 [日・祝休日]午前10時~午後8時
・場所:西武池袋本店7階(中央B6:ベッド&バスゾーン)
    東京都豊島区南池袋1-28-1
    西武池袋本店サイト >>> リンク

■アップサイクル(Upcycle)とは
不要なものや廃棄を待つものなど、「いらない」や「古い」ものたちを、ユニークなアイデアをプラスして変身させ新しいものを創りだす、クリエイティブなものづくりを楽しむ、今、世界で注目されている新しいものづくりのスタイルです。

■『materialoop[マテリアループ]』
会社や工場で保管している使用予定のないもの、一般市場では手にすることのできないめずらしいもの、貴重なもの、個性的なものを、クリエイター、作家など、おもしろいマテリアルを探している人、創作に関心のある人、ものづくりに興味がある人が、インターネットで直接購入できるマーケットプレイスです。
Web >>> リンク 最新情報をお届けします。
Instagram >>> リンク 注目素材をご紹介します。
Pinterest >>> リンク 素材の活用例・ご提案します。
[画像2: リンク ]



■株式会社ナカダイ
1956年創業、再生資源、中間処理、廃棄物コンサルティングなどを展開。廃棄物処分場である前橋支店で、工場見学やリサイクル体験、ワークショップなどを行う「モノ:ファクトリー」を併設し、2013年「グッドデザイン賞」を受賞。廃棄物の使い方を創造し、捨て方をデザインする、多様な価値観と自由な発想で社会貢献を目指す会社として注目されています。
>>> リンク

■お問い合わせ
0120-055-820 (通話料無料)
0570-005-820 (通話料お客さま負担)
(受付時間:月曜~金曜/午前9時00分~午後5時)
※携帯電話など「0120」を利用できない場合は、「0570」で始まる番号をお使いください。
※お客さまからのお電話は、ご注文の内容を確認・記録するために録音させていただいております。
※「0570」通話料は20秒につき10円(税別)かかります。
※PHS・一部のIP電話ではご利用できない場合があります。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。