logo

寄り弁もPCのダメージも心配無用。ビジネス鞄がそのまま入る、通勤通学向け容量可変型バックパック発売。

ビーズ株式会社 2016年07月21日 08時30分
From 共同通信PRワイヤー

2016/07/21

ビーズ株式会社

もう寄り弁しない、PCへのダメージも気にならない。
ビジネスバッグがそのまま入る、
通勤通学向け容量可変型バックパック発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は2016年7月21日、同社自転車ブランド「DOPPELGANGER(R)(ドッペルギャンガー)」より、荷物に合わせて容量が変化するバックパック「ヴァリアブルキャパシティバックパック」を発売します。

 「ヴァリアブルキャパシティバックパック」は、容量(キャパシティ)が変えられる(ヴァリアブル)という意味を持つバックパックです。 本製品のメリットを最も享受するのは、自転車で通勤するサラリーマン。 その理由は、本体に備わった2箇所の可変機構にあります。 ジッパーを開け展開すると最大幅が340mmから470mmに増長し、最大容量22リットルまで拡張可能。 拡張時には、一般的な大きさのビジネスバッグがそのまま横向きに収まるよう設計されています。 これにより、自転車の前カゴにビジネスバッグを傾けて入れることによる危険を回避することが可能です。 走行時の振動で小物やお弁当が鞄の中で散乱したり、PCなどの精密機器がダメージを受けたりしてしまう心配がなくなります。
 ターポリン+420Dリップストップナイロン採用で雨風に強く、更に専用レインカバーが付属。 立体成型の背面パッドで通気性を確保し、背中の汗やムレによる不快感を解消します。 ポケットも随所に配備し、取り外し可能なモバイルケースとコインケースも小物の整理に役立ちます。

 「ヴァリアブルキャパシティバックパック」は、上記の工夫により、スポーツバイクで通勤するサラリーマンのみならず、就業後の習い事や運動などに勤しむ方や、クラブ・サークル活動などに精を出す学生など、日々荷物の量に変化がある人全てをサポートします。 自転車ブランドが作るバックパックとして、自転車通勤の新しい選択肢を提案したいと考え、本製品をリリースします。

【ブランド名】DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)
【商品名】ヴァリアブルキャパシティバックパック DBM306-BK
【カラー】ブラック×オレンジ
【サイズ】通常時:H370×W340×D130mm、拡張時:H370×W470×D130mm
【容量】通常時:16L、拡張時:22L
【本体重量(付属品を除く)】約1.3kg
【耐荷重】10kg
【本体材質】ターポリン+420Dリップストップナイロン
【希望小売価格】6,800円(税別)
【製品ページ】リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事