logo

IDC接続端子付きIEC規格アウトレット4710シリーズをリリース

SCHURTER Group 2016年07月20日 16時37分
From 共同通信PRワイヤー

IDC接続端子付きIEC規格アウトレット4710シリーズをリリース

AsiaNet 65155

平成28年7月吉日

報道関係者各位

IDC接続端子付きIEC規格アウトレット4710シリーズをリリース
~高負荷アプリケーションに最適~

SCHURTER AG(シュルター:本社 スイス ルツェルン SCHURTER Group CEO, Ralph Muller  リンク)は、最新のIEC規格に対応したIDC接続端子付アウトレット 4710をリリースしました。このアウトレットには圧接接続端子(IDC)が設置され、広く使われている6610シリーズに比べ、高い定格出力のため、より高負荷なPDUに適しています。

4710はIEC 60320規格J型で、その定格値はそれぞれ20A @ 250 VAC(UL/CSA)と16 A @ 250 VAC(ENEC)です。低電流型の6610シリーズはF型で、定格値はそれぞれ15A @ 250 VACと10A @ 250 VACです。4710は6610シリーズに用いられる標準ケーブルサイズと同じ12 AWG/4.0mm2に加えて、10 AWG/6.0 mm2が使用可能なIDC端子を採用しており、この新しいワイヤーオプションは、4710のパワー能力に適合したより大きな直径サイズのケーブルが使用できます。スナップイン式のアウトレットはパネル厚0.8mmから3mmまで適合します。

4710と6610はIEC/EN 60950規格に合った製品に適しており、PDUやその他の複数のアウトレットを直列に連結する装置に非常に適しています。これらのIDCアウトレットは端子間をバス配線することができるので、同時に汎用の端子を繋げることにより、大幅に工程を減らすことが可能です。また、水平・垂直、両方の組み立てができるように、IDC端子の方向は垂直・水平の2種あり、長辺方向または短辺方向に沿って配列することができます。ケーブルは保護用のバックカバーかツールで適切な位置に押し込むことができます。ほかに、単独の配線のための、IDCとクイックコンタクト、半田接続も可能です。

このアウトレットは状態指示用のライトパイプのオプションもあります。また、意図しない離線を防ぐためのVロック機構にも対応します。cURus、ENEC、CCCの認証を取得しています。

SCHURTER(シュルター)について  リンク
1933年設立。本社はスイス ルツェルン。 
SCHURTERはコネクタ電源入力モジュール、フィルタ、ヒューズ、EMC、回路保護部品などのリーディングカンパニーです。SCHURTERには、部品部門、入力システム部門、電子製造サービス部門という三つの部門が設置され、クライアント専用の製品とサービスをもって安心と清潔な電力供給、より使いやすい設備に取り組んでいます。これらの特長をもってメインマーケット(IT/通信、医療、航空、再生可能エネルギー)に高度な製品をご提供し続けています。品質、環境、安全管理システムにおいて数多くの認証(ISO9001、ISO 14001、OHSAS 18001を含む)を取得しております。また、先進的なプロセス(シックス・シグマ)をもっており、クライアントのあらゆるニーズを満たすことができます。SCHURTERは一本化した品質管理システムで優れたサービスを提供しています。

国内お問い合わせ先
グローバル電子株式会社
電源特機グループ
TEL 03-3260-1417
WEB www.gec-tokyo.co.jp

グローバル電子株式会社について  リンク
設立 1978年7月、本社所在地 東京都新宿区
グローバル電子は、多岐に亘る最先端の電子部品を世界から調達し、かつ、自社でも、中国を含む工場で電子部品を製造し、顧客企業様に高い付加価値でのソリューションを提案・提供できる電子機器総合企業です。特にアナログ技術においては他社の追随を許さないレベルを目指します。

(日本語リリース:クライアント提供)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事