logo

キヤノンで初めてレーザー光源を採用したプロジェクターを発売

シリーズ最高輝度の“LX-MU800Z”など2機種

キヤノンは、パワープロジェクターシリーズの新製品として、初めてレーザー光源を採用したDLP(R)方式(※1)のプロジェクター“LX-MU800Z/LX-MU600Z”を2016年7月21日より発売します。高輝度モデルの拡充によりラインアップを強化し、幅広いニーズに対応します。



[画像: リンク ]


“LX-MU800Z/LX-MU600Z”は、いずれもレーザー光源を採用し、高輝度で高画質な映像を投写できます。ランプ光源では構造上難しいプロジェクターの縦置き(※2)が可能なため、縦長の映像をそのまま投写でき、ポスターなどの縦長コンテンツのデジタル化に便利です。大会議室や展示会場、教育現場での利用の他、デジタルサイネージや美術館・博物館での映像投写など、幅広い用途に活用できます。

■ 高輝度と優れた色再現性を実現
新製品はいずれもフルHDを超えるWUXGA(1,920×1,200画素)に対応し、“LX-MU800Z”はパワープロジェクターシリーズで最高輝度の8,000lm、“LX-MU600Z”は6,800lmの高輝度な映像投写が可能です。また、青色レーザーダイオードと蛍光体を組み合わせた光源システムにより、色域が拡大し、優れた色再現性を実現しています。レーザー光源を使用しているため、会議や授業の途中に突然光源が切れるリスクが低く、高い信頼性を確保しています。

■ 約2万時間(※3)の光源寿命によりメンテナンス負荷を大幅に軽減
レーザー光源は、ランプ光源と比べて光源寿命が長く、約2万時間光源を交換することなく映像投写が可能です。さらに、光学部品を密閉構造にすることで、エアフィルターが不要となり、部品交換にかかるメンテナンス負荷を軽減しています。天井など高所への長期間の設置や、長時間連続で映像を投写するデジタルサイネージへの活用など、多様な設置環境や幅広い用途に対応します。


[表: リンク ]



※1 Digital Light Processingの略。ランプから発した光を回転するカラーホイールを通して、デジタルミラーデバイスで投写光を調節する方式。
※2 縦置き設置には有償の設置用金具が必要です。端子側を下にしての設置に限ります。
※3 輝度が50%に低下するまでの時間。目安であり使用環境・状況により異なる場合があります。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。