logo

浦島太郎VS一寸法師!プロポーズの行方は果たして・・・『au ライフデザイン』の新CM 「プロポーズ」篇

KDDI株式会社 2016年07月07日 00時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年7月7日

KDDI株式会社

愛しの乙姫をめぐって、恋の三角関係が勃発!?
浦島太郎VS一寸法師!プロポーズの行方は果たして・・・
『au ライフデザイン』の新CM 「プロポーズ」篇
2016年7月8日(金)よりOA開始

 KDDI、沖縄セルラーは、電気、保険、金融など、日常の生活を支える様々なサービスを提供し、お客さまの家計をトータルでサポートしていく『au ライフデザイン』の新CMとして、auの“三太郎シリーズ”「プロポーズ」篇のTVCMを、2016年7月8日(金)より全国で放映開始します。

 新CMの舞台は竜宮城。浦島太郎(桐谷健太さん)が想いを寄せる乙姫(菜々緒さん)に、プロポーズする場面から物語はスタートします。この日のために、恋愛指導を仰いだ桃太郎(松田翔太さん)の後押しを受け、意を決して「大事な話が」と切り出しますが、ここで何と同行していた一寸法師(前野朋哉さん)が、出し抜けに乙姫へプロポーズ。どうやら今回のプロポーズ大作戦は、ミクロサイズ時代の一寸法師に筒抜けだったらしく、恋愛マスター・桃太郎仕込みの女心をくすぐる言葉を、真っ先に一寸法師が使ってしまいます。慌てて乙姫の前にひざまずき、あれこれ言い立てるものの、空回りしてばかりの浦島太郎。そんな二人から同時にプロポーズを受けた乙姫が、最後に選ぶのは・・・。

【CMストーリー】
 竜宮城を訪れた桃太郎、金太郎、一寸法師。乙姫が「いらっしゃーい!」と3人を迎えます。さっそく桃太郎に「浦ちゃん!」と促され、「あの、大事な話があって」と切り出す浦島太郎。すると次の瞬間、一寸法師が乙姫の前にひざまずき、「キミのすべてをまとめて面倒みたい!」と右手を差し出します。思わず「素敵」とときめく乙姫に、「一寸と申します」と自己紹介する一寸法師。すっかり遅れを取った浦島太郎は、「ほら」と桃太郎に促され、「僕と暮らした方がいいことあります!」と、ようやくプロポーズにこぎつけます。「たとえば?」と問いかける乙姫に、「君のために魚を釣ります!」と自信満々に答える浦島太郎。困惑する乙姫を見て、桃太郎が「じゃなくて、」と指摘するも、浦島太郎は「あ、タコをとります!」とまったく噛み合っていません。「浦ちゃん」という桃太郎の呼びかけを無視して、「あとわかめも、もずくも、しらすも!!」とトンチンカンな言葉を連発すると、乙姫は一寸法師の方に向き直り、「一寸さん、ここで暮らしましょ!」と笑顔で彼の手を握ります。「よっしゃーっ!!」と大喜びの一寸法師と、桃太郎の胸に泣き崩れる浦島太郎。初対面の一寸法師が乙姫へのプロポーズに成功・・・したのかと思いきや、一寸法師の着物をグッと掴んだ乙姫は、「住み込みで働くってよぉ!」と近くにいた大勢の女官たちに一寸法師を預けてしまいます。女官たちに抱えられ、奥へ連れていかれる一寸法師を見送りながら、「そっち?」と桃太郎。その隣で浦島太郎は「よかったー」と、安心した表情を浮かべています。

新CMはスペシャルサイト、ならびにau公式YouTubeチャンネルにてご覧いただけます。
  (PC) リンク
 (スマートフォン) リンク
 (YouTube公式チャンネル) リンク
  (YouTube) リンク
 ※2016年7月7日(水)0時に公開します。


『au ライフデザイン』新CM概要 「プロポーズ」篇

※下記、カット表ご参照ください。
リンク


【撮影エピソード】

今回は浦島太郎と一寸法師が乙姫にプロポーズするお話。
乙姫と一寸法師は今回が初の共演。プロポーズするということで緊張の面持ちの前野さんも撮影に入ると役者の顔になり、さすがの一言でした。
菜々緒さんも乙姫のドSキャラ全開で、迫力の演技で思わずスタッフ陣も息をのんで
しまうほどでした。
松田さん、桐谷さんも三太郎CMの撮影には慣れたもので、いつも通りアドリブを連発。
浦ちゃんのアドリブにより、「シラス」「赤貝」「バッテラ」など台本にない食材も多く登場することになり、撮影現場は常に笑いが起きておりました。それくらい必至な思いだった浦ちゃんの演技にぜひご注目ください。



ご参考:『au ライフデザイン』について

 KDDIは、2016年「auライフデザイン戦略」を掲げ、通信サービスに加え、単身世帯、夫婦、核家族、二世帯、三世帯など多様化する現在の日本の家族のカタチに合わせて、決済サービス「au WALLET」、電気サービス「auでんき」、金融サービス「auのほけん・ローン」など、日常の生活を支える様々なサービスを提供しお客さまの家計をトータルでサポートしていきます。

 詳細については、 リンク をご参照ください。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。