logo

モノビットVR、高画質360°動画撮影チームが公開収録を実施!超攻撃型アイドル「アップアップガールズ(仮)」のステージリハーサルを360°撮影!!

株式会社モノビット 2016年07月06日 12時04分
From PR TIMES

株式会社モノビット(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:本城 嘉太郎、以下モノビット)は、2016年7月6日、VRコンテンツの制作、プロデュースを行うモノビットVRにおいて、高画質を目指した360°動画撮影チームが、7月3日にZepp DiverCityにて行われました「アップアップガールズ(仮)」のツアーファイナルのステージリハーサルの公開収録したことをお知らせいたします。この撮影ではステージ上で実際のライブさながらの演出でパフォーマンスを行うアップアップガールズ(仮)のステージ中央に、キヤノンマーケティングジャパン株式会社から協力を受けたカメラ機材を設置し、360°動画では例が少ない20分以上のノンカット動画を収録いたしました。



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]



■モノビットVRの360°動画への取り組み
VRブームのさなか、360°動画への注目度が高くなっています。これまでにも多くの360°動画コンテンツは公開されていますが、様々な問題から高画質の360°動画が数少ないのが現状です。モノビットVRは総合プロデュースという立場で360°動画の撮影経験豊富なメンバーを集め、画質に拘る撮影チームを結成しています。

モノビットVR :リンク
[画像3: リンク ]

■モノビットVR 360°動画撮影チームの御紹介

【モノビットVR】
ゲームをはじめ各種VRコンテンツを制作しており、VRコンテンツのジャンルの一つとして360°動画の制作も行う。映像制作に携わってきた総合プロデューサーが映像のプロフェッショナル達に賛同を募り、高画質360°動画のための撮影チームを結成している。なお、高画質映像を活かした独自機能搭載のビューア制作も行っている。

【映像監督:清水 憲一郎】
イベント映像、MV、CMをこなすマルチな映像監督。 コンポジットアーティストを経て演出へ。技術に長けている 部分が作品のクオリティーを一段上げる。今回は360°動画撮影に関する総指揮を行う。

【Technical Producer 石ヶ谷 宜昭】
2013年よりVRの作品に関わり、これまで数多くのVR作品を手掛ける。 技術チームを束ね、カメラ選定から仕上げまでをプロデュースする。今回、キヤノン製カメラの特性を最大限に活かす役割も担っている。

【Technical Director 前田 大輔】
現在までに数多くのVRコンテンツの編集、コンポジットを経験。 無理難題を現実の世界に導く技術と経験を持ち備えている。スティッチを含む編集技術をメインに担当しているが、撮影時に編集を考えた的確な指示を行うなど、撮影アドバイザーとしても現場で活躍する。


■アップアップガールズ(仮)
7人の織り成すカラフルなボーカルと激しいダンスパフォーマンス、そしてEDMサウンドを軸とした楽曲で人気を集める7人組アイドルグループ。メンバーは、仙石みなみ、古川小夏、森咲樹、佐藤綾乃、佐保明梨、関根梓、新井愛瞳。2011年4月から活動をスタートし、翌年4月にCDデビュー。2014年、中野サンプラザでの念願の単独ライブのチケットは即日完売した。富士山の山頂でアイドルでは前人未到のライブを敢行、47都道府県ツアー、2時間完全NON STOPライブなど、鍛えられた体で、いつ何時、どんな場所でも熱いライブを繰り広げるLIVEアスリート集団。10月11日に最新シングルが発売予定。11月8日には日本武道館での単独公演も決定している。

[画像4: リンク ]




■VR/AR専用ネットワークエンジンの開発について
株式会社モノビットのミドルウェア事業部では、『モノビットエンジン』というリアルタイム通信エンジンを開発、販売しており、ネットワークゲームの基幹技術について高いノウハウを持っています。その最先端のネットワークテクノロジーにより、VR/AR専用ネットワークエンジンの開発を行い、VR内で世界中の人々が集えるVRオンラインコンテンツ制作をスムーズに行える環境を提供いたします。

■株式会社モノビットについて
株式会社モノビット(代表取締役社長:本城嘉太郎)は、ゲームとネットワークのテクノロジーをベースに、あらゆるエンターテインメントコンテンツ制作を行っている、エンターテインメントテクノロジーベンチャーです。自社開発のリアルタイム通信エンジンをミドルウェアとして販売しています。そして、近年、注目を浴びているVR/AR市場に本格参入も果たし、VR/AR対応ゲーム、360°動画をはじめとしたVR/ARコンテンツの企画・制作を行うほか、VR/AR事業各社と協力し、VR/ARに関わるビジネスプラン構築までプロデュースをおこなうなど、VR/AR事業を幅広く展開しております。モノビットは多様な企画力・開発力を推進剤として、常に最新技術を積極的に取り入れながら、『世界で一番面白いゲームをつくる』を企業理念に新しいコンテンツを提供し続けます。

本社住所:東京都新宿区新宿1-9-2 ナリコマHD新宿ビル4F
設立:2013年1月
資本金:2,000万円
従業員数:90名

企業ホームページ:リンク
モノビットエンジン公式サイト:リンク
モノビットVR HP: リンク

※最新リリース情報
モノビットのCTOに、オンラインゲーム黎明期を創り上げた中嶋 謙互が就任!
VR向けリアルタイム通信クラウドサービスの開発に着手
リンク

■本件に関する報道関係者お問い合わせ先
株式会社モノビット
経営企画  担当:鹿住(カズミ)E-mail: j.kazumi@monobit.co.jp
東京都新宿区新宿1-9-2 ナリコマHD新宿ビル4F

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。