logo

NTT東日本・NTTドコモとのスポンサーシップ契約について

公益財団法人第8回札幌アジア冬季競技大会組織委員会 2016年07月01日 14時30分
From 共同通信PRワイヤー

NTT東日本・NTTドコモとのスポンサーシップ契約について

 公益財団法人第8回札幌アジア冬季競技大会組織委員会は、この度、東日本電信電話株式会社(以下「NTT東日本」)及び株式会社NTTドコモ(以下「NTTドコモ」)との間でスポンサーシップ契約を締結いたしました。

1 契約内容
  ゴールドパートナー

2 契約先
  会社名:東日本電信電話株式会社
  本 社:東京都新宿区西新宿 3-19-2                   
  代表者:代表取締役社長 山村 雅之

  会社名:株式会社NTTドコモ
  本 社:東京都千代田区永田町2-11-1                
  代表者:代表取締役社長 吉澤 和弘

3 契約カテゴリー
  情報通信サービス及びモバイル通信端末

4 コメント
  【山村 雅之 (東日本電信電話株式会社 代表取締役社長)】
   このたび、2017冬季アジア札幌大会ゴールドパートナーとしてサポートさせて
  いただくことは大変名誉であり、また同時に大きな責任を感じています。
   NTTグループは、札幌市さまと「さっぽろまちづくりパートナー協定」を締結して
  おります。今回の取り組みについても、その一環として「スポーツとICT」という形で
  まちづくりに貢献してまいります。
   NTT東日本は、大会運営関係者の方々などに通信サービスを提供して大会運営全体を
  支えていきます。一方、海外からいらっしゃる参加選手や観客の皆さまなど、多くの方々が、
  大会期間中に快適にお過ごしいただき、会場や札幌市での滞在を心から楽しみ札幌市の魅力を
  一層感じていただけるよう、Wi-Fiなどの通信サービスをはじめ、ICTのご利用環境を
  整備・提供してまいります。
  
  【吉澤 和弘 (株式会社NTTドコモ 代表取締役社長)】
   NTT東日本と共に、2017冬季アジア札幌大会ゴールドパートナーとしてサポートさせて
  頂けるのは大変名誉なことでございます。
   NTTドコモは、通信ネットワークにおいて、受信時最大300Mbpsの「PREMIUM4G」として、
  より高速・大容量な通信環境を全会場に整備し、皆さまに快適な通信サービスを
  ご利用いただけるよう努めます。また、海外のお客さまのおもてなしに役立つ
  スマートフォンアプリなど、ICTツール類の提供を通じたサポートにも努めます。
   加えて、スポーツファンディングによるアスリートの支援などを通じて、
  冬季アジア札幌大会の盛り上げに寄与したいと考えております。

  【秋元 克広(札幌市長 / 第8回札幌アジア冬季競技大会組織委員会会長)】
   充実した通信サービスをお持ちのNTT東日本様とNTTドコモ様に、
  2017冬季アジア札幌大会ゴールドパートナーになっていただいたことを大変心強く思います。
   NTT東日本様とNTTドコモ様には、日本を代表する企業の象徴的な存在として、
  通信環境等の整備や通信サービスの提供等、大会運営を支えていただけるものと期待し、
  大会に参加する選手や関係者、また観客のみなさまへ、大会期間中は快適に過ごしていただける
  ようともに取り組んで参ります。

5 その他
  大会ホ-ムページ(リンク)において7月1日より掲載。

■2017冬季アジア札幌大会
ゴールドパートナー
東日本電信電話株式会社
株式会社NTT ドコモ

オフィシャルスポンサー
株式会社イー・シー・プロ
東京海上日動火災保険株式会社
北海道ガス株式会社
北海道新聞社



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。