logo

空飛ぶ力士、撮る行司!?空中で「奇跡の 1 枚」が誕生!「空中土俵入り Flying SUMO Wrestler」

ベストショットをチェキプリントできる「スマホ de チェキ」の PR 映像 6 月 27 日(月)より公開

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、スマートフォンで撮影した画像をわずか 10 秒※1 でカードサイズの チェキフィルムに出力できるプリンター、“スマホ de チェキ”「instax SHARE SP-2(インスタックス シェア エスピー ツー)」の平成 28 年 7 月 15 日の発売に先駆けたプロモーションとして、世界初の空中土俵入りの様子を撮影した WEB ムービー「空中土俵入り Flying SUMO Wrestler」を 6 月 27 日より特設サイト(リンク)で公開します。



[動画: リンク ]



本映像では、「instax SHARE SP-2」の魅力をより多くの方に伝えるためのプロモーションとして、高度 4000 メートルからまわしを着けた“力士”がスカイダイビングをしながら、空中で土俵入りに挑戦します。CG は一切使用していません。上空の気温は-10 度以下で、落下速度が時速 300km 以上に達する中、力士は、猛烈な風圧を受けながらまわしを叩き、四股をふみ、気迫のこもった土俵入りを行います。“行司”は、共にスカイダイビングをしながら “力士”に接近し、360 度のあらゆる方向から土俵入りをスマートフォンで撮影します。そして、降下しながら選んだ ベストショットを地上の「instax SHARE SP-2」に送信し、チェキフィルムに出力します。空中とは思えないほどの華麗な型と、行司と力士の息の合ったコンビネーションを是非ご覧ください。

[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]



[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]




※1 画像データの受信完了後、書き込みからフィルム送り出し完了までの時間。

■映像のあらすじ
隣同士に座る力士と行司。力士は軽快な拍子木の音に合わせて廻しを叩いて気合いを入れ、そのまま勢いをつけて航空機の外に飛び降ります。飛びだした力士は、空中で力強く手を叩くとそのまま土俵入りに挑戦。その力士の後を追うように空中から降りてくる行司。バックに流れる篠笛の音が緊張感を高めます。

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]

[画像7: リンク ]




土俵入りのベストショットを撮影するため、スマートフォンを手に行司が真剣な面持ちで追いかけます。空中で頭を真下にした態勢で撮影する行司に対し、力士は廻しを叩き、さらに気合いを入れます。スマートフォンのカメラの「カシャッカシャッ」と撮影する音が空中に響きます。

[画像8: リンク ]

[画像9: リンク ]

[画像10: リンク ]




気合いを入れる掛け声を受け、四股をふむ力士。四股をふんだ後、左手を脇につけ、右手をのばし、土俵入りの“型” を見事に披露しています。それを行司はまるで空中とは思えないほどスマートな動きとクールな表情で撮影します。力士は右手をおなかに、左手を頭上に構えた土俵入りの型を決めると、次はその逆の態勢と、空中を落下しながら 華麗に型を決めていきます。

[画像11: リンク ]

[画像12: リンク ]

[画像13: リンク ]






型が終わると、行司はパラシュートで降下しながら、撮影した写真からベストショットを選択し、着陸地点に置かれた「instax SHARE SP-2」にデータを送信。画像はすぐにプリントアウトされ、力士と行司を待ち構えます。着陸した 2 人 は「instax SHARE SP-2」に歩み寄り、チェキプリントの仕上がりを確認。土俵入りを見事に捉えたプリントを見て、喜びのハイタッチを交わします。力士の力強いハイタッチに思わず倒れる行司がコミカルです。
[画像14: リンク ]

[画像15: リンク ]

[画像16: リンク ]






■力士が空中で演じた土俵入りの型
[画像17: リンク ]

[画像18: リンク ]

[画像19: リンク ]


■スマートフォン用プリンター“スマホ de チェキ” 「instax SHARE SP-2」の製品情報
[画像20: リンク ]




1.製品名:富士フイルム スマートフォン用プリンター
 “スマホ de チェキ”「instax SHARE SP-2」 シルバー/ゴールド
2.発売日:平成 28 年 7 月 15 日(金)
3.価格 オープン価格


4.主な特長
(1)スマートフォンで撮影した画像をその場で簡単にプリント可能。
  (画像は専用アプリを使って無線 LAN で送信)
(2)有機 EL 露光ヘッドを採用し、320dpi の高解像度
   (SVGA:800×600 ピクセル)を実現
(3)従来機では露光が完了してからチェキフィルムの送り出しを行っていましたが、露光と送り出しを同時に
   行うことにより、約 10 秒の高速出力を実現
(4)専用アプリにフィルターや豊富なテンプレートを新たに追加
(5)男女を問わず様々な生活シーンで使用できる、シンプルかつモダンなデザインを採用
(6)充電式バッテリーを採用(micro USB 端子)。1 回の充電で約 100 枚のプリントが可能

■スマートフォン用プリンター “スマホ de チェキ”「instax SHARE SP-2」の主な仕様
・使用フィルム:富士フイルム インスタントカラーフィルム instax mini(別売)
・フィルムサイズ:86mm×54mm
・画面サイズ:62mm×46mm
・プリント画素数:800×600 ドット
・プリント解像度:320dpi
・プリント階調:RGB 各色 256 階調
・インターフェース:準拠規格:IEEE802.11b/g/n
使用周波数:2.4GHz(5GHz 非対応)
アクセス方式:インフラストラクチャーモード
・プリント可能画像フォーマット: JPEG、PNG
・プリントスピード:画像データ受信完了後、書き込みからフィルム排出まで約 10 秒
・電源:充電式バッテリー NP-45S(1 個)
・プリント可能枚数:(充電 1 回当たり)約 100 枚(当社試験条件による)
・消費電力(1 枚当たり): 2W
・動作温度: +5℃~+40℃(結露のないこと)
・大きさ・重さ: 89.5mm×131.8mm×40mm(突起部除く), 250g(バッテリー、フィルム別)
※仕様・性能は、予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。