logo

民泊物件専門の不動産ポータルサイト「民泊物件.com」民泊専用の賠償責任補償サービスを提供開始

株式会社スペースエージェント 2016年06月27日 10時11分
From PR TIMES

国内初!民泊新法にも対応可能!

民泊可能物件に特化した不動産ポータルサイト「民泊物件.com」(リンク)を運営する株式会社スペースエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役:出光宗一郎)は、民泊物件専用の賠償責任補償サービスを提供開始致します。



民泊物件補償は、民泊運営を行う物件で火災・破壊・漏水事故などにより生じた損害について、法律上の賠償責任を補償するサービスです。

[画像1: リンク ]

一般住宅火災保険では、不特定多数の人に対して反復継続して宿泊させる民泊物件は住宅として扱われないため、補償が適用されません。
民泊物件補償は民泊で迎え入れたゲスト(宿泊者)が原因で火災や水漏れによる損害を起こした場合や、ホスト(事業主)事由でゲストに怪我をさせてしまった場合などに賠償責任を補償することができます。

【民泊物件補償サービスを利用するメリット】
不動産会社につきましては、従来の一般住宅火災保険が適用されない民泊物件に対して、安心して不動産仲介取引を進められます。既に民泊運営を行っている事業主につきましては、ゲストが起こした事故、ゲスト自身への事故についての高額請求リスクを避けることができます。

【民泊物件補償が適用されるケース】
■ ゲストが風呂の水を出しっぱなしにしていたため、階下に漏水して他人の戸室を汚損した。
■ 清掃時に洗剤を床にこぼしていたため、ゲストが足を滑らせて転倒負傷した。
■ ゲストが電子レンジの使用を誤り、故障してしまった。キッチンの内装を汚損した。
■ 清掃時に洗面所の水を出しっぱなしにしていたため、階下に漏水して他人の戸室を汚損した。

[画像2: リンク ]

詳しい内容や手続きに関しては、下記ご案内ページをご確認ください。
リンク

※補償の引受先について
現代海上火災保険会社(韓国最大手自動車メーカーグループ)が補償を引受けます。

◆株式会社スペースエージェントについて
設立:2015年4月 代表取締役:出光 宗一郎
本社所在地:〒150-0046 東京都渋谷区松濤1-1-3 ジョワレ松濤4F
事業内容:民泊関連事業
民泊物件.com URL:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。