logo

LINEマンガ、初のアーティストコラボレーションを実施世界中で支持されるアーティスト「ジャスティン・ビーバー」の登場が決定制作中のイラストを先行公開!

LINE株式会社 2016年06月23日 16時28分 [ LINE株式会社のプレスリリース一覧 ]
From PR TIMES

月間読者数が50万人を越える人気連載マンガ「ハードボイルド園児 宇宙くん」とコラボ
宇宙くんとジャスティンによるハードボイルドな共演が実現!!




LINE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出澤 剛)は、同社が運営する電子コミックサービス「LINEマンガ」において、世界中で支持される人気アーティスト「ジャスティン・ビーバー」の登場が決定し、初のアーティストコラボレーションを実施することとなりましたので、お知らせいたします。
[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]



「LINEマンガ」は、特別な電子ブックリーダー端末不要で、気軽にマンガ・ライトノベル作品が楽しめるスマートフォン向け電子コミックサービスです。2013年4月のサービス開始以降、100社以上の出版社・レーベルを通じ、現在までに10万点以上を配信、アプリの累計ダウンロード数は1,300万件を突破するなど、同カテゴリーのサービスの中では国内最大規模のサービスに成長しており、多くのユーザーにご利用いただいております。

また、「LINEマンガ」では国内の出版社・レーベルから提供いただいているマンガに加え、「LINEマンガ編集部」が手掛ける全編フルカラーのオリジナルマンガの無料連載を展開しており、様々なジャンルのオリジナルマンガを連載しています。

この度、「LINEマンガ」初のアーティストコラボレーションとして、全世界でのミュージック・ビデオ動画再生回数が100億回を超える人気アーティスト「ジャスティン・ビーバー」が「LINEマンガ」の人気連載作品「ハードボイルド園児 宇宙くん(福星 英春)」に登場することとなりました。

“宇宙”と書いて“コスモ”と読むキラキラネームを持ちながらもハードボイルドな思考を持つ4歳児「宇宙くん」と、世界のスーパースター「ジャスティン・ビーバー」が、偶然なのかそれとも運命なのか2人が突如出会うところから始まるストーリーとなっており、配信は8月9日(火)を予定しております。

「LINEマンガ」は、今後さらにマンガ作品とユーザーの出会いを創出するプラットフォームとして、様々な取り組みを行ってまいります。

■ハードボイルド園児 宇宙くん(作者:福星 英春) ※全話無料連載中
“宇宙”と書いて“コスモ”と読むキラキラネームの4歳児がハードボイルドな思考を巡らすギャグマンガ。「一体いつからだ…いつからこの国はこんな事になってしまったんだ…」 混濁の世に生を受け、冷めた瞳でこの世を見つめるのは幼稚園児!? キラキラネームという十字架を背負ったリトル・ハードボイルド・ダンディ 今ここに誕生!!
また、2016年1月にコミックス化しており、全国の書店にて販売中。8月15日には3巻が発売予定。
リンク


■ジャスティン・ビーバー
1994年3月1日(現在22歳)、カナダはオンタリオ州ストラトフォード生まれ。独学でドラム、ギター、ピアノ、トランペットを習得したR&Bシンガー・ソングライター。12歳の頃YouTubeにアップしたパフォーマンスしている映像が瞬く間に5,000万ヴューを超え、ネット上で話題になったことをきっかけにレコード会社と契約する。2010年に発表されたアルバム『My World 2.0』は全米通算3週1位を獲得し、ビルボード史上最年少記録に。『American Music Awards』ではアーティスト・オブ・ジ・イヤーを含む最多4部門を受賞し、第53回グラミー賞では主要部門の「最優秀新人賞」含む2部門にノミネート。3D自伝映画『ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー』の全米興行成績は、なんと、あのマイケル・ジャクソンの『THIS IS IT』の記録を超えた。また2013年6月現在、地球上もっともツイッターでフォローされている人物であり、19歳未満にして史上初5作の全米No.1アルバムを獲得している。そして2015年、約3年振りとなる世界待望のニュー・アルバム『パーパス』が世界中で大ヒットしており、来る8月13・14日に3年ぶりの来日公演が決定している。
また現在、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)が出演する世界で15億回を超える再生回数を記録中「Sorry」の日本版PVが配信中。
Official Site: リンク
LINE公式アカウント 〔LINE ID: @justinbieberjp( リンク


【LINE マンガ アプリ概要】
対応端末:iPhone/Android
対応言語:日本語
サービス地域:日本
サービス開始日:2013年4月9日
価格:ダウンロード無料(アプリ内課金)
開発・運営:LINE株式会社
著作権表記:(C)LINE Corporation
App Store  リンク
Google Play  リンク
WEBブラウザ版: リンク
公式twitter: リンク
公式facebookページ: リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事