logo

モバイルコンテンツ管理シェアNo.1「Handbook」が Windows 10に対応 ~ パソコン、タブレット、スマートフォンとシームレスな連携を実現 ~

インフォテリア(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、証券コード:3853、以下 インフォテリア)は、モバイルコンテンツ管理(MCM)市場において4年連続市場シェアNo.1(※1)を獲得している「Handbook(ハンドブック)」が、マイクロソフト社が積極的に推進しているUWP(ユニバーサル Windows プラットフォーム)(※2)に対応し、Windows 10搭載のパソコン、タブレット等で利用できる「HandbookアプリWindows 10版」を本日6月23日にWindowsストアにて公開・配信を開始したことを発表いたします。

 また、ビジネスシーンでの利用が拡がっているWindows 10 Mobile搭載のスマートフォンにも対応するアップデートを7月中に提供開始いたします。

■ HandbookアプリWindows 10版の画面イメージ: リンク

 現在、PCとしてもタブレットとしても利用できる2-in-1型のWindows 10搭載端末はビジネスの現場に浸透してきており、さらに、Windows 10 Mobileは既存システム環境への親和性と管理性の高さから、ビジネス用スマートフォンとして注目が集まっています。Windows 10で稼働するデバイスは全世界で3億台を突破。2015年夏のリリースから順調に普及・浸透が進み、日本国内のリテール市場で販売されているパソコンの90%には既にWindows 10が搭載されている状況です。(※3)

 そこでインフォテリアでは、タブレットに加え、“PC”や“スマートフォン”の活用シーンでも求められる中央管理型のコンテンツ管理システムとしてその機能を進化させるために、HandbookにWindows 10版をラインアップに追加。パソコンで使用されるデスクトップ・アプリやファイル・システムとの連携、およびスマートフォンのビジネス活用を推進する以下の新機能の実装を実現しています。

■ デスクトップ・アプリやファイル・システムとのシームレスな連携
 HandbookアプリWindows 10版は、コンテンツの中央管理機能やタブレットモードでのプレゼンテーションに最適な操作性はそのままに、デスクトップ・アプリやファイル・システムとの連携を高めています。ドラッグ&ドロップによるファイルの受け渡しに対応し、管理者の許可次第では、エンドユーザーは配信されたファイルを、指定したフォルダやデスクトップにスムーズにコピーできる他、メールソフトなどのアプリケーションに手軽に添付できるようになりました。

■ Windows 10パソコン上でのデスクトップ作業のイメージ: リンク

* ドラッグ&ドロップによるファイルの受け渡しに対応するなど、デスクトップPCでもシームレスに動くため2-in-1デバイスの利便性を更に高める。

 これにより、顧客プレゼンなどでのタブレットモードでの活用とデスクトップ作業とがシームレスに連携するコンテンツ活用を実現しています。

■ スマートフォンのビジネス活用を提案
 また、HandbookアプリWindows 10版はWindows 10 Mobileのビジネスでの活用を強力にサポートしています。本製品は、スマートフォン向けContinuumに対応したデバイスを外部の画面に接続すると、画面サイズに最適化された表示をします。

 これにより、スマートフォンの個人的な閲覧端末としての活用だけでなく、会議や営業プレゼンテーションの場での活用も提案していきます。インフォテリアでは今後もWindows 10搭載のPCやタブレット、スマートフォンのビジネスシーンでの活用の推進に貢献してまいります。

イメージ: リンク

* HandbookアプリWindows 10版をContinuumでWindows 10 Mobileから外部ディスプレイに接続すると画面サイズに最適化表示を行う。

■ 動画で見る方はこちらでご説明しています。
リンク [Youtube]

用語解説

※1:ITR「ITR Market View:エンタープライズ・モバイル管理/スマートアプリ開発市場2014/2015」モバイルコンテンツ管理市場:ベンダー別売上金額シェア(2012~2015年度予測)

※2:Windows 10上で,パソコン、タブレット、スマートフォンなどの複数のデバイスに対応したアプリを動かすためのクロスプラットフォームの仕組み。

※3:Windows 10で稼働するデバイス数はマイクロソフト社の公開情報であり、リテール市場における Windows 10 搭載比率は日本マイクロソフト株式会社の調査情報。


■ 「Handbook」について(Webサイト リンク
 「Handbook」は、モバイルコンテンツ管理市場でシェア第1位を獲得しているサービスで、文書や表計算、プレゼンテーションから画像や音声、動画までのあらゆる電子ファイルをクラウドに保存し、タブレット端末で持ち運べ、指先めくり表示ができるようにするソフトウェアです。一般的なクラウド・ストレージ・サービスやタブレット端末向けのビューアー・アプリケーションと異なり、閲覧者ごとの配信設定や端末紛失時の情報漏えいを防ぐ機能、あるいはネットワーク接続できない場所でもファイルを予めダウンロードしておけば表示できる機能など、タブレット端末をビジネス活用する上で必要な機能が搭載されているのが特長です。対立しやすい情報セキュリティの確保と操作性の高さを丁寧なインターフェース設計で両立している点が高く評価され、「2015年度 グッドデザイン賞」を受賞しています。

■ 「インフォテリア株式会社」について(Webサイト リンク
 1998年に国内初のXML専業ソフトウェア会社として設立されたインフォテリア株式会社は、企業内の多種多様なコンピューターやデバイスの間を接続するソフトウェアやサービスを開発・販売しています。主力製品の「ASTERIA」は、異なるコンピューターシステムのデータをプログラミングなしで連携できるソフトウェアで、大企業、中堅企業を中心に5,471社(2016年3月末現在)の企業に導入されています。また、「Handbook」は、営業資料や商品カタログ、会議資料などあらゆる電子ファイルをスマートフォンやタブレットで持ち運べるサービスのスタンダードとして、現在1,027件(2016年3月末現在)の企業や公共機関で採用されています。


【プレスリリースに関するお問い合わせ先(報道機関窓口)】
インフォテリア株式会社
広報・IR室:長沼史宏
TEL:03-5718-1297
FAX:03-5718-1261
E-mail:press@infoteria.com

【製品に関するお問い合わせ先】
インフォテリア株式会社 ネットサービス事業本部
製品技術部:中嶋誠
TEL:03-5718-1250
FAX:03-5718-1261
E-mail:pm@infoteria.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。