logo

業界初!医療・介護事業所の新たなPRツールの形「日本総合福祉アカデミー」分校Webサイトをリリース!!

株式会社ガネット 2016年06月22日 10時51分
From PR TIMES

「日本総合福祉アカデミー」を運営する株式会社ガネット (本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田達也)は取引分校法人の企業価値向上や人材獲得に寄与する事を目的とする「分校Webサイト」を開設しました。

分校とは、医療、介護施設内に資格学校機能を!というコンセプトをもとに、日本総合福祉アカデミーが展開する、各種講座を施設内にて受講できる業界初のサービス。また、運営上必要な手続き、講師の確保、備品の配置などをトータルサポートすることにより、負荷がかからず資格学校機能を持つ事ができる。
株式会社ガネット(リンク)は介護事業所内に「日本総合福祉アカデミー」のサテライト校(分校)を設置し、関東・東海・関西を中心として35箇所にて展開中。
この度、全国35箇所の取引分校に対し「分校Webサイト」を提供する事とした。これにより分校の企業価値向上や人材獲得に寄与することを目指す。具体的には資格を取得したいユーザー向けに情報提供したり「周辺企業との教育面での差別化」をPRすることにより、業界で大きな課題である、「採用と定着」に大きな効果が期待できる。サービス開始当初20教室の情報提供から始め、2016年度中には80教室の情報を掲載する予定。また、今後SNS機能、動画配信、多言語機能等随時、搭載予定。




[画像1: リンク ]



株式会社ガネット代表取締役 藤田 達也は次のように述べています。


[画像2: リンク ]

超高齢社会に突入した現在、施設内で働く人材の確保に関しては、全ての介護施設に共通する課題といっても過言ではありません。さらに「どのように退職者を減らすか」というテーマも同時に目を向けなくてはなりません。この人材確保と離職率低減に対する解決策の両輪を経営の課題として認識する必要があります。「分校Webサイト」はこれらの課題を解決に導く可能性をもっております。採用・定着の両輪で最も肝となる部分は「教育」です。「教育環境の整った法人」として対外・対内的にWebという無限の可能性を持った媒体でアピールできることは大きなメリットとなります。介護業界の大きな課題である「採用・定着」に寄与し、業界自体の地位向上に繋がることを願っております。なお本分校サイトの機能面では、分校で開催される講座への資料請求、問い合わせ、各種講座等わかりやすく解説されております。また、お問い合わせについては日本総合福祉アカデミーのコールセンター&サポートデスクにて一元管理するため、煩雑なやり取りは不要で、介護事業所にとって非常にメリットの多い企画です。

[画像3: リンク ]



[画像4: リンク ]



株式会社ガネット(日本総合福祉アカデミー)について リンク
[画像5: リンク ]



株式会社ガネットは「実務者研修講座」を中心とした介護・医療にまつわる多数の講座を受講できる、介護資格取得学校を運営している企業です。関東・東海・関西を中心に介護施設内・病院内に「日本総合アカデミー」のサテライト校(分校)を設置する業界初のビジネスモデルを展開しております。事業展開を開始して3年という中で、35校という急成長を致しております。


[画像6: リンク ]

今後は資格学校運営のみにとどまらず、「医療と介護の連携」や、介護事業所における、「求人・採用問題解決」のお手伝い等幅広く全社を挙げてサーポートを続けて参ります。

<本件に関するお問い合わせ>
株式会社ガネット、広報担当の 須川 勇樹(スガワ ユウキ)
までお願いいたします。
TEL:03-5457-5825 FAX:03-3461-1815 
Email:sugawa@gannet.co.jp
                                                              

                                  

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事