logo

コネクテッド・カー アプリ「Cariot」建設・物流業向けにデバイスと機能を強化

株式会社フレクト 2016年06月22日 10時00分
From PR TIMES

IoTを中心にクラウドインテグレーションを行う株式会社フレクト(本社:東京都中央区、代表取締役 黒川 幸治、以下「フレクト」)は、コネクテッド・カー・アプリケーション「Cariot」(=”Car(クル マ)“+”IoT“ キャリオット)のサービスにおいて、建設・物流業向けの対応デバイス拡充と、車両の到着予測や稼働率レポート機能を追加しました。



■「Cariot」とは
「Cariot」は、車両にOBD-II(※1)デバイスを差し込むだけで、インターネットやクラウドにつながるアプリケーション。位置情報や速度、燃費を始めとする幅広い車のデータの取得が可能で、属人的な管理に頼ることが多かった車の情報を可視化できます。

※1:OBD-II:On Board Diagnosis second generationの略。自動車の故障診断における国際規格。

■デバイス拡充と到着予測・稼働率レポート機能追加について
「Cariot」は2015年秋より、営業車両管理やバスの運行管理などで利用実績を積み重ね、2016年に入ってからは建設現場や物流業務を中心に「リアルタイムの車両位置把握による作業効率化」や「稼働状況の見える化による車両の最適配置」を目的に多く利用されるようになりました。

建設・物流業では、走行記録の見える化と同時に「車両が目的地に着くタイミング」や「配送ルート通りに走行しているか」などの位置情報がリアルタイムで把握できる点が評価されています。リアルタイムにコミュニケーションが取れる事で、荷物の積み込みや下ろす時間のロスを減らしたり、トラックの走行ルートを管理する事が可能となります。

バスやトラックの中にはOBD-IIインターフェースがない車両も多く存在ますが、これらのニーズに応えるためにシガーソケット(※2)対応デバイスの供給を開始、Cariotによる対応車両を大幅に拡充しました。

※2:シガーソケット:元々はタバコに火を付ける為にあるシガーライター専用のソケット。近年は様々な車載アクセサリーを装着する用途で利用されている。

さらに、建設現場、物流現場におけるアプリケーション機能も強化。目的地への到着時間の予測を通知できる「到着予測機能」、車両の最適配置を実現するために車両の稼働時間・日数が把握できる「稼働率レポート機能」を追加しました。
[画像1: リンク ]

▲到着予測機能を使ったリアルタイム表示画面の例

■今後の展開
「Cariot」事業では、コネクテッド・カーが当たり前になる未来に向けて、新しいコネクテッド・カーのユースケースを生み出していき、多くのお客様に貢献していくことを目指しています。まずは2016年度内に5,000台の車両への「Cariot」の導入と新たなユースケースの創出を目標とします。


【株式会社フレクトについて】
フレクトは、Salesforceを中心としたソフトウェア開発・コンサルティング事業等を行う会社です。創業時から続くB2CのWebアプリケーション構築事業で培った技術によるソフトウェア開発力、およびデザイン制作力を強みとしています。セールスフォース・ドットコム社のコンサルティングパートナーとして、また国内に数社しかいないHerokuの開発パートナーとして実績を重ねています。

本社:〒104-0031東京都中央区京橋2-13-10 京橋MIDビル2F
代表者:代表取締役 黒川 幸治
設立:2005年8月
資本金:4,750万円
Tel:03-5159-2090
Fax:03-5159-2091
事業内容:IoT関連サービス、クラウドインテグレーションサービス
・株式会社フレクト公式サイト
リンク
[画像2: リンク ]

・コネクテッド・カー アプリケーション「Cariot」
リンク
[画像3: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事