logo

無電力・低電力向けのセルラーゲートウェイ「Digi Connect Sensor」を発表

追加インフラ不要のリモートセンシング機能拡張ソリューション

ミッションクリティカルなM2MおよびIoTコネクティビティ製品・サービスのグローバルリーディングプロバイダである、ディジ インターナショナル株式会社(本社・渋谷区、マイク・ゲルゲン代表取締役)はこのほど、電力がない、あるいは低電力の場所でのワイヤレスコネクティビティを実現するバッテリー駆動でエンタープライズ対応のセルラーゲートウェイソリューション「Digi Connect Sensor」を発表しました。プラグ&プレイソリューションで提供されることにより、本製品は、厳しすぎる、遠隔である、採算が合わない、と見なされた環境で配備してリモートセンサモニタリングを実現します。例えば、流量やレベル、圧力、環境条件などの既成のセンサに対応する多様性と柔軟性を備えたこの新しいセルラーゲートウェイソリューションは、いかなるところでもセンサが使用できるよう支援します。

追加のインフラストラクチャ、電源、サードパーティ製のアプリケーションの必要なくリモートモニタリングを提供するために、Digi Connect Sensorは、インダストリー4.0やスマートシティに率先投入するのと同様に、見落とした要件に対応するためのモニタリング機能拡張、あるいは業務効率の向上を必要とするエナジー、水上・水域、インダストリアル、公共施設・設備の手始めなどに理想的です。

Digi Device Cloudを備えたConnect Sensorは、個々の会社、システムインテグレータ、IoTソリューションプロバイダに拡張されたモニタリング能力を容易に提供し、可視性の新しいレベルを提供します。各センサのセルラーコネクティビティとセルラーデータの低い使用率により、Connect Sensorはローカル無線ネットワークのコンフィグレーションの必要性を低減し、データバックホールの費用対効果を高めます。

Connect Sensorはまた、この種の電池駆動のゲートウェイ向けでは初のモバイルアプリケーションであるDigiのConnect Wizardと協調します。本アプリケーションは、Bluetoothを使って、ローカルの設置業者、技術者、ドライバーにAndroidとiOSスマートフォンやタブレット経由でセンサデータの即時のフィードバックを提供します。これはローカルな人員に即時の実行できるアクションのステータスを提供し、旧来のLCDディスプレイの必要性に取って代わるものです。

工業用計測およびオートメーション機器のリーディングサプライヤであるEndress+Hauser社は、先日、遠隔地で工業用センサのコネクティビティを実現するソリューションを提供するため在庫管理ソリューションにDigi Connect Sensorを 採用しました。
(詳細はリンクをご参照ください)

多用途な低価格なセンサ機能、グローバルセルラーネットワーク経由でのデータ送信、どこでも必要なところで利用できる電源といった最適な組み合わせを提供するConnect Sensorの主な機能は次のとおりです。
●柔軟な電源オプション : 2~3年の平均寿命を備えた長持ちする非充電式バッテリー、センサ読み取りの間に節電するスリープモード、バックアップ電源として内部バッテリー使用中に外部からの電源取り込みオプションといった機能を備えます。その結果、ユーザーは、デバイスを電源内蔵式にする、あるいはソーラーなどの既存の電源を活用するといった柔軟性を持ちます。
●セルラーの選択 : グローバルなコネクティビティ向けにConnect Sensorは、2Gフォールバックを備えた3G HSPA+で利用できます。北米ユーザーは、LTE CAT 1 Versionも選択可能です。
●LTE CAT 1をサポート : 特にIoTやM2M通信向けに構築されたバンドであるLTE CAT 1に対応したConnect Sensorデバイスは、 非常に効率的で、より低い電力、データ転送の最適化を実現します。
●センサの豊富さと柔軟性 : 複数のI/Oオプションと同時接続は、多様なセンサベースの環境にアドレスするためのソリューションの柔軟性を提供します。Connect Sensorは、ほぼいかなる4/20mA、アナログ出力、デジタル出力、パルス状の出力センサとでも協調します。また、複数の外部センサにも動力を供給し、外部電源やバッテリーの必要性がなくなります。
●エンタープライズグレードのセキュリティ :セキュリティは、デバイス、輸送、プラットフォームレベルで実装できます。
●厳しい環境での使用に最適 : ATEX Group 2、UL Class 1 Division 2レーティングはもちろん、センサをさまざまな要素から保護する気象耐性のNEMA 4筐体を備えています。
●認識性向上とカスタマイズ可能なレポート機能 : Digi Device Cloudとの統合により、可視性と集中管理をすべてのConnect Sensorデバイスに提供します。Device Cloudはセンサデータ収集のプラットフォームとして用いられます。
●カスタマイズレベルの向上 : センサデータが閾値付近にあるとき、設定可能な読み取り/レポート間隔およびカスタマイズ可能なアラームを提供します。

「運用の可視化に対するニーズの増加に伴い、データへの飽くなき欲求が生じます。Connect Sensorで私たちは、既存のセルラーデータ転送ネットワークを利用した実用的で電源内蔵型のリモートモニタリングソリューションを創り出しました。企業は、以前は価値あるフィードバックを得るために単に設置できなかった場所にセンサを置くことができ、遠隔地や電源がない厳しい環境での運用でより優れた管理ができます」と、Digi InternationalのCTO(最高技術責任者)のジョエル・ヤングは話しています。

Digi Connect Sensorは近日中に提供予定です。製品の詳細は、リンク をご覧ください。

このプレスリリースの付帯情報

Digi Connect Sensor

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。