logo

クラウドWMSシステムにAndroidアプリを活用したボイスピッキングシステムの販売を開始

株式会社ECロボ 2016年06月21日 17時00分
From DreamNews

EC関連サービスを手掛ける株式会社ECロボ(本社:東京都港区 代表取締役:伊藤彰弘)は、2016年6月22日にWMSシステム(倉庫管理システム)向けにAndroidアプリで開発したボイスピッキングシステム「Chatman」の販売を開始しました。

「Chatman」は、同社が開発販売を手掛けるクラウドWMS「AiR Logi」と連動して利用できるアプリとなります。

価格は、
レンタルの場合は、月額6,500円/台
ハードウェア買取の場合は、アプリ利用料が月額2,000円/台

特長は、以下となります。
(1)圧倒的な低コスト
(2)ボイスとスキャンを組合わせた運用信頼性
(3)顧客ニーズに合わせカスタマイズ可能な拡張性
(4)クラウドWMSとの連動した運用
SIMカードを入れることで無線環境のない倉庫エリアや屋外でも利用が可能となりました。

「Chatman」は、Android携帯、タブレットと米国製小型スキャナーKDC200から構成されます。
ロケーション、バーコード下4桁、数量は、アプリがボイスで読上げます。通常のボイスピッキングでは、照合も音声で行いますが、「Chatman」は、照合は、スキャナー読取となります。これは、米国製の小型スキャナーを採用したことにより実現しました。照合をスキャナーにすることで検品精度の向上されました。

「Chataman」では、注文単位でピッキングかかる時間も読上げます。これにより、ピッカーは、ピッキングに何秒かかったかすぐに分かります。カスタマイズによりピッキング時間をクラウドWMSに記録することも可能です。

「Chatman」の機能:
入荷検品
棚入れ
ピッキング
出荷検品
在庫移動
ロケ移動
パッキングリスト作成
商品検索
ロケ検索
在庫検索
棚卸

「Chatman」のアプリ開発は、ECロボのインド開発センターでなされております。その結果、英語、日本語のどちらも対応可能です。
本件の連絡先

株式会社ECロボ
106-0041
東京都港区麻布台1-9-10飯倉ITビル5F
03-4431-1337
プラットフォーム事業部
担当:井上


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事