logo

日本で初めて化粧品として犬用シャンプー&ヘアオイルを製品化

株式会社洛歩 2016年06月21日 16時30分
From 共同通信PRワイヤー

2016年6月21日

株式会社洛歩

愛犬の「健康寿命」を守るため、
開発を続けていた犬用シャンプー&ヘアオイルが
安全性の高い「化粧品」として、製品化に遂に成功。

(1)汚れを落とす(2)保湿する(3)舐めても安心、
の3つにこだわり日本で初めて
犬のスキンケア「化粧品」として製品化
犬の肌は人と比べて、とても乾燥しやすくデリケートです。洗浄後の皮脂の回復に、人は約4時間を要するのに対して、犬は約72時間と18倍もかかります。また皮脂の厚さも人の1/5しかありません。それゆえ本当はもっと綺麗にしてあげたいと思う愛犬家が大勢いるにも関わらず、犬のシャンプーは月1から2回の頻度しか推奨されていないのです。
一方、グルーミング(舐めて毛繕い)をする犬にとって、スキンケア・ヘアケア製品は口の中に直接入るもの。洗浄力・保湿力とともに、本来は高い安全性が欠かせません。
「綺麗に・健康的に・安全に」、この3点を兼ね備えたスキンケア・ヘアケア製品を開発するため、
私たちがこだわったのは全成分表示が義務化されている「化粧品」としての商品開発。完成迄に約3年の月日を要しました。
人の肌への安全性が確認されている化粧品原料の中から、厳選した植物性油脂100%使用。その90%にオーガニック認定の原料を採用、肌に最も優しいカリ石けん(旧日本薬局方)が完成しました。もちろん口に入れたくない酸化防止剤、防腐剤などの添加物は一切使用していません。
寿命が伸びた犬たちを守るために ・・・ 開発背景
ひと昔前は屋外で愛犬を飼育されるご家庭のほうが多かったのですが 、いまでは室内飼いが一般的になりました。食事も人と同じ物から、栄養や安全性に配慮したドッグフードが普通に。こうした生活環境の改善によって、愛犬たちの平均寿命は40年前と比べて2から3倍に伸びています。
愛犬家の想いも単に「長生きして欲しい」から、「健康で長生きして欲しい」という、健康寿命志向に。一方で、愛犬の長寿命化と空気の乾燥などにより、犬の肌トラブルが増加しています。現代人の3人に1人は何らかの肌トラブルを持っていると言われていますが、愛犬たちも同じぐらい増加するのではと、懸念する声も。飛躍的に改善された犬たちの「食」と「住」。これからは犬にとっての「衣」であるヘアケア・スキンケアを改善できる製品を作り、犬たちを乾燥肌から守りたい、そして健康に長生きしてもらいたい、そのために「コンフィダンテ=化粧品」は誕生しました。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。