logo

GMO TECH:インバウンドおよび越境EC向け広告マーケティングサービス「AsiAD(アジアド) byGMO」提供開始

GMOインターネットグループ 2016年06月21日 15時38分
From PR TIMES

~中華圏をはじめアジア主要国に向けたプロモーションを一貫してサポート~



2016年6月21日
報道関係各位

GMO TECH株式会社
===============================================================
インバウンドおよび越境EC向け広告マーケティングサービス
「AsiAD(アジアド) byGMO」提供開始
~中華圏をはじめアジア主要国に向けたプロモーションを一貫してサポート~
===============================================================
 GMOインターネットグループでインターネット上の集客サービスを展開する
GMO TECH株式会社(代表取締役社長CEO:鈴木 明人 以下、GMO TECH)は、中
国・台湾・香港など中華圏をはじめとした東アジア、東南アジア主要国をカ
バーする、インバウンドおよび越境EC向け広告マーケティングサービス
「AsiAD(アジアド) byGMO」を本日6月21日(火)より提供開始いたしました。
 アジアからのインバウンド需要を狙う店舗・サービス運営者はもちろん、
越境ECによる販路・売上拡大を目指す日本企業は、「AsiAD byGMO」を利用す
ることで、SNSや検索サイトを含む現地メディアへの多言語広告クリエイティ
ブの制作から出稿、運用、レポート分析までを一貫して行うことができ、効
率的にプロモーション効果の最大化が図れます。
[画像1: リンク ]



---------------------------------------------------
【提供開始の背景】
---------------------------------------------------
 2015年の訪日外国人観光客(訪日客)は、前年比47.1%増の累計1,973万人
と急増しており、その中でもアジア地域からの訪日客は1,664万人と8割超を
占め(※1)、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて拡大
が見込まれているインバウンド需要の中でも、アジア地域の重要性が増して
います。
 こうしたインバウンド需要の高まりと比例して、日本から海外の消費者へ
向けて販売する“越境EC”のニーズも拡大しております。その背景には、日
本の文化・製品への関心の高まりや、訪日時に購入した、あるいは気になっ
た商品を帰国後に購入する訪日客が多いことなどが挙げられ、今後も訪日客
の増加に伴って越境ECの市場規模も拡大していくと考えられます。とりわけ
越境ECの市場成長が顕著な中国においては、2014年に日本のECサイトから購
入した金額が、前年比55.4%増の6,064億円に達し、2018年には約2.3倍の1兆
3,943億円に達すると予測されています(※2)。

 そこでGMO TECHは、今後さらなる拡大が見込まれる、アジア地域における
インバウンドおよび越境ECのニーズに対応し、現地に向けたプロモーション
展開やWebサイト集客を効率的に行えるよう、中国・台湾・香港など中華圏を
はじめとした東アジア、東南アジア主要国をカバーする、多言語対応の広告
運用サービス「AsiAD byGMO」を展開することといたしました。
 なお、本サービスの提供に際しては、訪日客数で中国・韓国に次ぐ規模を
誇る台湾向けのプロモーションニーズが高いことに鑑み、台湾をはじめとす
る中華圏の有名媒体と強固なリレーションを持つ、台湾の現地企業とパート
ナー提携を行っております。今後、提携パートナーとの連携をより強め、有
力媒体数およびプロモーション支援内容の拡大を図ってまいります。

(※1)出典:日本政府観光局(JINTO)「2015年訪日外客数(総数)」
(※2)出典:経済産業省「平成27年度我が国経済社会の情報化・サービス化
   に係る基盤整備 (電子商取引に関する市場調査)」
   (平成28年6月14日公表)


---------------------------------------------------
【「AsiAD byGMO」について】(URL:リンク
---------------------------------------------------
 「AsiAD byGMO」は、アジア主要国の現地メディアに向けた多言語クリエイ
ティブ制作から、メディア選定、広告出稿・運用・レポート分析までを一貫
して行える広告マーケティングサービスです。「Attention(注意・認知)」
「Interest(興味)」「Search(検索)」「Activision(行動)」「Share
(共有)」の5つのフェーズから成り立つ消費者の購買行動プロセスにおいて、
GMO TECHがこれまで国内で培ってきたWebマーケティングノウハウを活かし、
アジア地域を対象としたプロモーション展開やWebサイト集客を支援いたします。
[画像2: リンク ]



┏━━━┓
┃特長1┃エリア特性に基づいたスムーズな広告運用を実現
┗━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 台湾企業とのパートナー提携により、日本からは購入・出稿が難しかった
現地メディアへの広告配信をスムーズに行えるほか、リアルタイムで広告運
用を行うことができます。広告のクリエイティブや表現など国・地域によっ
て異なる広告規制や言語、オペレーションの違いでストレスを感じることな
く、日本国内と同様のプロモーション活動が可能です。

┏━━━┓
┃特長2┃グローバルメディアから現地メディアまで幅広く対応
┗━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 GoogleやYahoo!などのグローバルな検索サイトや、Facebook、Twitter、
InstagramといったSNSはもちろん、Baidu やWeiboといった現地メディア・
SNSへの広告出稿に対応しています。また、各国の広告サービスのキャンペー
ン分析レポートは、日本語に翻訳して提供いたします。

┏━━━┓
┃特長3┃アジア主要国において最適な媒体の選定・出稿が可能
┗━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 対象国のSNSや各種メディアの普及状況に合わせて、GMO TECHが広告主のニー
ズに対して最適なSNSや検索サイト、DSP(※3)を選定して広告運用いたします。

┏━━━┓
┃特長4┃クリエイティブの多言語化が可能
┗━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━
 広告主に代わって、日本語から対象国の公用語に翻訳し、言語別のクリエ
イティブを作成いたします。なお言語は、サービス提供を行う対象国すべて
に対応しております。

(※3)Demand Side Platform(デマンドサイドプラットフォーム)の略称。
   複数の広告サービスを横断して管理でき、広告のインプレッション(露
   出)が発生するたびに閲覧ユーザーの属性や広告の掲載面などの情報を
   分析し、最適な広告枠のバイイング(仕入れ)から配信までを効率的に
   行うプラットフォーム。


【「AsiAD byGMO」サービス概要】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■提供内容
 ・アジア向け広告マーケティングに関するコンサルティング
 ・ソーシャルメディア・検索サイト・DSPなどへの広告配信
 ・多言語クリエイティブ制作(対象国の公用語に対応)
 ・検索エンジン対策(オプション)
 ・多言語LPO対策(オプション)

■導入企業イメージ
 ・訪日外国人に向けて、来日促進や来日時の購買促進など
  インバウンド需要獲得をお考えの企業様
 ・越境ECを利用した拡販をお考えの企業様
 ・今後、アジア地域に向けて事業展開をお考えの企業様
 ・すでにアジアで事業展開しており、商品の認知拡大や販売促進を
  図りたいとお考えのグローバル企業様

■対応メディア
<ソーシャルメディア>Twitter・Facebook・Instagram・Weiboなど
<リスティング広告ほか> Baidu・Yahoo!奇摩・東森新聞雲・Yam蕃薯藤など
*対応メディアは随時拡大いたします。

■対象国:中国・香港・台湾・マカオ・韓国・インド・インドネシア・
フィリピン・タイ・ベトナム・マレーシア 等

■価格 :月額50万円(税込)~ ※詳細はお見積りください

■お問い合わせ:promo@gmotech.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


---------------------------------------------------
【GMO TECHについて】(URL:リンク
---------------------------------------------------
 GMO TECHは2014年12月に東証マザーズに上場し、テクノロジーを駆使した
自社開発商品で企業の集客支援を行っております。スマートフォン向け広告
サービス「GMO SmaAD」に加え、スマートフォンアプリが簡単に作れる「GMO
集客アップカプセル」、SEO対策「SEO Airlines byGMO」の提供、Facebook・
リスティング・リターゲティング運用などを主力事業としております。
 GMO TECHは各事業に共通して、お客様のWeb戦略におけるKPIとして最も重
要な、問い合わせ・購入・インストール等のコンバージョン(成果)に重点を
置いた事業展開を行っています。


---------------------------------------------------
【参考URL】
---------------------------------------------------
・「AsiAD byGMO」 URL:リンク
・「GMO SmaAD」 URL:リンク
・「GMO集客アップカプセル」 URL:https://アップカプセル.com/
・「SEO AIRLINES byGMO」 URL:リンク

以上

---------------------------------------------------
【サービスに関するお問い合わせ先】
●GMO TECH株式会社 担当 猪野
TEL:03-5489-7030(直通)FAX:03-5489-6371
E-mail:promo@gmotech.jp
---------------------------------------------------
【報道関係お問い合わせ先】
●GMO TECH株式会社 広報担当 三原
TEL:03-5489-6370 FAX:03-5489-6371
E-mail:press@gmotech.jp

●GMOインターネット株式会社 グループ広報・IR部 石井・島田
TEL:03-5456-2695 E-mail:pr@gmo.jp
---------------------------------------------------

【GMO TECH株式会社】 (URL:リンク
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名  GMO TECH株式会社 (東証マザーズ 証券コード:6026)
所在地  東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者  代表取締役社長CEO 鈴木 明人
事業内容 ■WEBマーケティング事業
     ■モバイルマーケティング事業
     ■インターネットメディア事業
     ■O2O事業
資本金  2億7,680万円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【GMOインターネット株式会社】 (URL:リンク
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名  GMOインターネット株式会社 (東証第一部 証券コード:9449)
所在地  東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者  代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容 ■インターネットインフラ事業
     ■インターネット広告・メディア事業
     ■インターネット証券事業
     ■モバイルエンターテイメント事業
資本金  50億円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (C) 2016 GMO TECH, Inc. All Rights reserved.

■GMO INTERNET GROUP■ www.gmo.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。