logo

りらいあコミュニケーションズ、Pepperパートナープログラムよりロボアプリパートナー(Basic)として認定

りらいあコミュニケーションズ株式会社 2016年06月21日 11時00分
From PR TIMES

りらいあコミュニケーションズ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長 中込純、以下りらいあコミュニケーションズ)は、Pepperのアプリケーション開発における実技および筆記試験を経て、ソフトバンクロボティクス株式会社の「Pepperパートナープログラム」より一定の知識や技術水準を満たしたと評価され、ロボアプリパートナー(Basic)として認定されました。



[画像: リンク ]


認定ID:PPP201606008


りらいあコミュニケーションズは、コンタクトセンターでの電話やチャット、メールのサービスの他、対面・訪問サービスなど、多様化する顧客接点チャネルに対応するサービスを提供しており、業界に先駆けて自動化サービスに取り組んでいます。既にAI技術を利用した対話エージェント「バーチャルエージェント(R)」、自然言語処理エンジンを活用した次世代IVR(自動音声応答)の提供など、人と人のコミュニケーションにITを活用することで顧客体験価値の向上に寄与するサービスを展開しておりますが、今回「ロボアプリパートナー(Basic)」に認定されたことで、Pepperを通じた新たな顧客体験の向上につながるサービスを検討してまいります。

なお、当社はソフトバンク株式会社が日本アイ・ビー・エム株式会社と日本で共同展開する、コグニティブ・コンピューティング・システムIBM Watsonに関連する「IBM Watsonエコシステムプログラム」に「テクノロジーパートナー」として参加しております。このプログラムは、IBM Watsonを活用した新しいビジネスアイデアを展開するためにIBM Watsonの日本市場での導入拡大を推進するもので、「テクノロジーパートナー」は、IBM Watsonの導入コンサルティングやIBM Watsonと接続するアプリケーションの開発などの技術的支援を行う役割を担います。

りらいあコミュニケーションズはこれらを活用した新たな顧客対応サービスの開発を推進してまいります。

以上

「Pepperパートナープログラム」とは
リンク
ロボアプリは、ソフトバンクロボティクス株式会社の登録商標です

IBM Watsonは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です


【りらいあコミュニケーションズ株式会社について】
1987年設立の大手BPO(Business Process Outsourcing)サービス会社です。全国に30ヶ所以上のオペレーションセンターを配置し、グループ全体で約2万人のスタッフがコンタクトセンター、バックオフィス、対面営業支援、Webマーケティングなどの顧客接点周辺のBPOサービスに従事し、国内主要企業向けにサービスを提供しています。東証1部上場(証券コード:4708)。2015年10月1日に、株式会社もしもしホットラインから商号変更。
リンク

【お問い合わせ先】
担当 広報・IR室 岩本、宮坂
TEL  03-5351-7200(代表)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事