logo

デルタ航空、MLB オールスターチャレンジキャンペーンを開始

デルタ航空 2016年06月15日 14時51分
From PR TIMES

サンディエゴで開催される 2016 MLBオールスターゲームのペア観戦ツアーを当てよう!



【東京、2016年6月15日】 –メジャー・リーグ・ベースボール(以下MLB)の日本における公式エアラインパートナー、デルタ航空(NYSE:DAL)は、特設サイトでゲームに参加すると、抽選でサンディエゴで開催される2016 MLBオールスターゲームのペア観戦ツアーなどの賞品が当たる 「DELTA × MLB オールスターチャレンジ」 キャンペーンを実施します。キャンペーン期間は2016年6月23日までです。

[画像1: リンク ]



このチャレンジでは、特設ウェブサイト上で、外野フライの落下位置を予想していただきます。参加者が選んだエリアとボールが落下したフィールドが一致すれば、アウトを1つ獲得。スリーアウトで抽選に応募できます。観戦ツアーには、2016年7月12日にサンディエゴ、ペトコ・パークで開催されるMLBオールスターゲーム観戦ペアチケット、日本-サンディエゴ間のデルタ航空ペア往復航空券、および、ホテル宿泊が含まれます。

また、特賞の観戦ツアーのほか、B賞として2016 MLBオールスターゲーム公式球が5名様に当たります。
DELTA × MLB オールスターチャレンジの特設サイトURLは次のとおりです。
リンク

本キャンペーンには、日本在住の方ならどなたでもご応募いただけます。18歳未満の方の応募は、事前に18歳以上の保護者または後見人の同意が必要です。キャンペーン期間終了時に18歳未満の方が当選した場合、賞品は当選者の保護者または後見人に授与します。その他、応募に関する規約の詳細は、キャンペーンサイトをご参照ください。リンク

デルタ航空は、2012年からMLBの日本における公式エアラインパートナーに認定されています。デルタ航空では、パンフレットやリーフレット、ポスター、トレードショー、展示会などで展開するマーケティング・宣伝用資料にMLBのロゴを掲載することができます。

また、米国ではアトランタ・ブレーブス、デトロイト・タイガース、ミネアポリス・ツインズ、ニューヨーク・ヤンキース、ニューヨーク・メッツ、ワシントン・ナショナルズのオフィシャルスポンサーを務めています。また、ブレーブス、ツインズ、ヤンキース、メッツ、ナショナルズ、ボストン・レッドソックス、マイアミ・マーリンズ、セントルイス・カーディナルス、タンパベイ・レイズ、各チームのチャーターフライトを運航しています。

(C)MLBP 2016. Major League Baseball trademarks and copyrights are used with permission of Major League Baseball Properties, Inc. Visit the official website at MLB.com.

デルタ航空について
デルタ航空は年間約1億8,000万人近くの搭乗者数と広範なネットワークを持つ航空会社です。フォーチュン誌の「2015年世界で最も賞賛される企業リスト」の航空業界部門(2015 World's Most Admired Companies Airline Industry List)において、6年間で5度目の1位を獲得し、「世界で最も賞賛される企業」トップ50社にも選ばれたほか、米ビジネストラベルニュース誌調査で初の5年連続トップに選ばれました。デルタ航空およびデルタ・コネクションは、世界62カ国、337都市に向けてフライトを運航しています。米国ジョージア州アトランタに本社を置き、世界で8万人近い従業員を擁し、800機以上の主要機材を運航しています。航空連合(アライアンス)「スカイチーム」の創立メンバーであり、大西洋路線においてはエールフランス-KLM、アリタリア-イタリア航空、およびヴァージン アトランティック航空と共同事業を展開しています。アトランタ、ボストン、デトロイト、ロサンゼルス、ミネアポリス/セントポール、ニューヨーク(ラ・ガーディアおよびJFK)、ソルトレイクシティ、シアトル、アムステルダム、パリ(シャルルドゴール)、ロンドン(ヒースロー)、東京(成田)をハブ空港および主要マーケットと位置づけ、提携航空会社と合わせて一日に1万5,000便以上のフライトを運航しています。機内および空港での顧客エクスペリエンスの向上を目指し、空港施設や機内プロダクトの改善、サービス向上とテクノロジー導入に数十億ドルを投資しています。詳しくはホームページdelta.comをご覧ください。
[画像2: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事