logo

共立女子大学のキャンパスで多数のドラマや映画を撮影 -- 新旧混在する建造物と絶好のロケーションが人気

共立女子大学 2016年06月14日 08時05分
From Digital PR Platform


共立女子大学(東京都千代田区)の神田一ツ橋キャンパスは、都心にありながら皇居東御苑や北の丸公園、千鳥ヶ淵公園など、豊かな緑地帯に囲まれた絶好のロケーションにある。キャンパス内の施設には新しい部分と歴史ある部分があるが、その両方が魅力的であり、テレビドラマや映画の撮影に頻繁に施設を貸し出している。大学名がクレジットとして表記されることによるPR効果だけでなく、OGや在学生が同大への親しみをより強く感じることにも繋がっている。


 共立女子大学では、過去4年間に89件のロケを実施。キャンパス内のさまざまな場所がテレビドラマや映画のロケに使われており、学園ドラマの舞台としてだけではなく、会社や病院といった設定でも利用されることがある。また、企業広告の撮影などに利用されることもある。

 和田三造作「聖女奏楽の像」のモザイクが外壁を飾る3号館は、正面玄関周辺をはじめ、廊下や会議室などが多く使われている。主な作品に、テレビ朝日系ドラマ「法医学教室の事件ファイル」シリーズ(1992年~)や、フジテレビ系ドラマ「鍵のかかった部屋」(2012年)、「ストロベリーナイト」シリーズ(スペシャルドラマ版2010年、連続ドラマ版2012年)、TBS系ドラマ「獣医ドリトル」(2010年)、「TAKE FIVE」(2013年)等がある。

 4号館の図書館は、日本テレビ系「桜からの手紙~AKB48それぞれの卒業物語~」(2011年)や、フジテレビ系ドラマ「ラッキーセブン」(2012年)、WOWOWドラマ「パンドラ」シリーズ(2008~2014年)等のシーンで使用されている。

 6号館入試事務室は、関西テレビ「ギルティ 悪魔と契約した女」(2010年)、「チームバチスタ3 アリアドネの弾丸」(2011年)や、テレビ朝日「13歳のハローワーク」(2012年)、フジテレビ系ドラマ「リーガル・ハイ」(2012年)、読売テレビ「怪物」(2013年)のロケで使われた。

 本館では、玄関ロビーや食堂、学長室などで、映画「僕等がいた」(2012年)をはじめ、フジテレビ系ドラマ「医龍3」(2010年)、「救命病棟24時 第5シリーズ」(2013年)、テレビ朝日ドラマ「DOCTORS 最強の名医」シリーズ(2011年~)などの撮影が行われた。同館は眺めのよい屋上も人気で、TBS系ドラマ「美男ですね」(2010年)や「とんび」(2012年)、フジテレビ系ドラマ「素直になれなくて」(2010年)、「幸せになろうよ」(2011年)などの撮影で使用されている。

●共立女子大学HP
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 学校法人共立女子学園 総合企画室
 東京都千代田区一ツ橋2-2-1
 TEL: 03-3237-2838
 FAX: 03-3237-2767

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事