logo

バラクーダネットワークス、2016年度Microsoft Azure認定ISVソリューションパートナーの最優秀賞を受賞

バラクーダネットワークスが、2016年度Microsoft Azure認定ISVソリューションパートナーの最優秀賞を受賞しました。

2016年6月13日(月)東京発 -セキュリティとストレージソリューションのリーディングプロバイダであるバラクーダネットワークスジャパン株式会社(東京都品川区、執行役員社長:林田 直樹、以下バラクーダネットワークス)は本日、米国バラクーダネットワークスが「2016 Microsoft Worldwide Partner Award(2016年度マイクロソフトパートナーアワード)」における、ワールドワイドの「Microsoft Azure Certified ISV Solution Partner of the Year(Microsoft Azure認定ISVソリューションパートナー)」として最優秀賞を受賞したと発表しました。バラクーダネットワークスはオンプレミス環境からMicrosoft Azureへシステムをリプレースするお客様に対して、短時間で容易にリプレースを実現できるように、テクノロジの改新を継続してきた功績が評価されました。バラクーダネットワークスは、Microsoft Azure Certified Security Solution Provider (Microsoft Azure認定セキュリティソリューションプロバイダ)の第一号であり、マイクロソフト社と緊密に連携し、お客様がパブリッククラウドを効率的に活用できるようにサポートしています。

ビージェー・ジェンキンス(BJ Jenkins)のコメント
(バラクーダネットワークス、プレジデント兼CEO)
私たちは、Microsoft Azure 認定ISV Partnerとして最優秀賞の栄誉を授かりました。この受賞は、バラクーダネットワークスのパブリッククラウド領域における著しい成長、ならびにマイクロソフト社との強固な関係を物語っております。私たちは、お客様が求めるセキュリティとコントロールを維持しつつ、クラウドのメリットを最大限に活用するための新たなソリューションの設計、構築、企画において今後も協業していきたいと考えています。

ガブリエラ・シャスター(Gavriella Schuster)氏のコメント
(Microsoft Corp、ワールドワイドパートナーグループ担当ジェネラルマネージャ)
私たちは、バラクーダネットワークスを年間アワードである2016年度の Microsoft Azure 認定 ISVソリューションパートナーの最優秀賞として表彰できたことを、光栄に思います。バラクーダネットワークスは、弊社とバラクーダネットワークス双方のお客様に対して、革新的で変革的なソリューションの提供において、Microsoftパートナーコミュニティの中でも優秀な能力を持つ企業として優れたケースだと申し上げることができます。

日本国内においても、バラクーダネットワークスと日本マイクロソフト社は親密に連携し、2013年4月に、Barracuda Web Application FirewallをMicrosoft Azureで提供開始以来、NextGen Firewall Fシリーズ、Email Security Gateway、Message Archiverの4製品をMicrosoft Azure上で提供しています。Microsoft Azureでバラクーダネットワークス製品を提供するにあたり、日本マイクロソフト社と連携して、不定期のセミナー開催を継続しており、Microsoft Azure上のセキュリティの強化手法をご紹介しています。

現在、バラクーダネットワークス製品は、マイクロソフトパートナーソリューションデジタルカタログサイトにて、「注目ソリューション」として位置づけられており、Microsoft Azure上でのバラクーダネットワークス製品の導入を検討中のお客様に対して、資料のダウンロードが可能です。

Microsoft Azure上で提供するすべてのバラクーダネットワークス製品は、Microsoft Azure Marketplaceから利用できます。また本受賞を記念して、Microsoft Azure上でバラクーダネットワークス製品の評価を希望されるお客様に対して、6月中に新たなキャンペーンを開始する予定です。

林田直樹のコメント
(バラクーダネットワークスジャパン株式会社 執行役員社長)
バラクーダネットワークスは、数あるパブリッククラウドの中でも、Microsoft Azureの有効性にいち早く着眼し、2013年以降、セキュリティ製品を中心に日本国内で展開してきました。今回の受賞は、Microsoft Azure利用者のセキュリティ意識の高さを示すものでもあり、オンプレミス環境で実績豊富なバラクーダネットワークスのソリューションを、Microsoft Azure上でも同等の機能を利用できる点が評価されたものと思います。今後も、日本マイクロソフト様と密に連携し、共に更なる拡販を推進していきたいと願います。

今回の受賞に際して、
日本マイクロソフト株式会社 執行役 デベロッパー エバンジェリズム統括本部長 伊藤かつら 様からエンドースメントをいただきました。

この度のバラクーダネットワークスのワールドワイドの年間アワード「Microsoft Azure Certified ISV Solution Partner of the Year」の受賞を心よりお祝い申し上げます。弊社テクノロジと密接に連携した製品群により、Microsoft Azureを利用するお客様に対して変革を支援する多くのソリューションを提供された革新的なISVパートナーであり、そのご尽力が受賞に至ったと思います。国内でもバラクーダネットワークスジャパン株式会社様との連携を一層強化して、クラウドサービスによってお客様の事業の発展に貢献していく所存です。

本リリースは米国で発表された リンク を翻訳、日本法人のコメント、パートナーのコメントは新たに追加したしたものです。

関連資料:

・Microsoft Partner Awards - リンク
・クラウドセキュリティ対策ならバラクーダ - リンク
・Microsoft Azure Marketplaceで利用できるバラクーダネットワークスソリューション - リンク
・【動画】バラクーダネットワークスは初のMicrosoft Azure認定ソリューションになりました - リンク

【バラクーダネットワークスジャパン株式会社について】
バラクーダネットワークスは、「Simplify IT」を可能にするクラウド対応のセキュリティ及びストレージソリューションを提供しています。バラクーダネットワークス製品は、パワフルで、使いやすく、且つリーズナブルな価格により、全世界15万社以上のお客様にご利用頂いており、アプライアンス、仮想化アプライアンス、クラウドなどの形で提供されています。バラクーダネットワークスは、2002年に米国カリフォルニア州シリコンバレーで創業、海外拠点10ヵ国、また80ヵ国以上において正規代理店と提携しています。2004年より日本での販売を開始し、スパムやウイルス、フィッシング、SQLインジェクション対策はもちろん、BCP、クラウド化など、リスク対策だけでなく事業継続と活性化を目指す企業に貢献してきました。

Barracuda Web Application Firewallは2007年から7年連続、導入出荷実績で国内No.1を継続(冨士キメラ総研:2014ネットワークセキュリティビジネス調査総覧<上巻:市場編>)、さらにBarracuda Backupが統合型バックアップ専用アプライアンスの出荷台数で13四半期連続1位を獲得(IDC Worldwide Quarterly Purpose Built Backup Appliance Tracker, CQ1, June 2015 出荷台数で世界第1位)しています。

2013年11月、ニューヨーク証券取引所に上場(コード:CUDA)し、更なる成長を目指します。詳細については、リンク をご参照ください。

* 本リリースに記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

【本プレスリリースに関するお問い合わせ】
バラクーダネットワークスジャパン株式会社
〒141-0031
東京都品川区西五反田8-3-16 西五反田8丁目ビル5階
Tel:03-5436-6235
Fax:03-5436-5128
担当:寺下
Email:jpinfo@barracuda.com
URL:リンク

このプレスリリースの付帯情報

アワードバナー

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事