logo

新日鉄住金 ドール社向けブリキ(容器用鋼板) 累計出荷200万トン達成

新日鐵住金株式会社 2016年06月13日 13時56分
From Digital PR Platform


新日鐵住金株式会社(以下、当社)は、本年5月に、パイナップル缶詰世界最大手のDole Packaged Foods(以下、ドール社)へのブリキ(容器用鋼板)の累計出荷で200万トンを達成しました。200万トン達成を記念し、6月9日にドール社の事業発展の地であるフィリピンのミンダナオ島にて、盛大にセレモニーを開催しました。

当社は、ドール社に対し、1962年の取引開始から50有余年にわたり、ブリキをシェア100%で供給しています。当社とドール社は、単なる売り手と買い手の立場を超え、「強い信頼」をベースに「パートナー」として共に成長していくという理念を共有し、このような強固な関係を築いてきました。

ドール社は、農園で栽培したパイナップルを、自社で製缶した缶に充填する事業モデルで発展してきました。当社は、「品質」「コスト」「技術開発」「安定供給」などの総合力でドール社のブランド価値向上に資する取り組みを行ってきました。当社の具体的な取り組みは、(1)品質については、ドール社はパイナップル缶用のブリキを無塗装で使用しますが、内容物がブリキに直接接触するため、ブリキに対する要求品質は高く、当社は高耐食性技術で的確に対応してきました。(2)コストについては、ドール社の缶の軽量化ニーズに対し、当社は構造解析技術も駆使し、ドール社の基準に最適な薄手材を提案し、多くの缶サイズで軽量化の実現に貢献してきました。(3)技術開発については、ドール社のイージー・オープン・エンド(缶蓋)の開発に関与し、実用化に貢献してきました。(4)安定供給については、パイナップルの収穫量によって変動する製缶計画に対し、徹底したデリバリー管理を行い、ブリキの安定供給を行ってきました。

当社は、累計出荷300万トン、取引100年に向け、今後も先進技術を活かし、ドール社の発展に寄与していきます。

【ドール社との取引関係について】
1962年 取引開始
1990年 累計出荷100万トン達成
2004年 累計出荷150万トン達成
2012年 取引開始50年


お問い合わせ先:総務部広報センター 03-6867-2135

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事