logo

Snapchatが利用時間でFacebookに次ぐ2位に

App Annie 2016年06月10日 11時00分
From PR TIMES

日米英の2016年4月のiPhoneアプリ利用状況を分析

アプリ情報プラットフォームを提供するApp Annie(アップアニー社、本社:サンフランシスコ市、代表:Bertrand Schmitt)は、AppleのWWDCの開催に合わせて2016年4月に日米英において最も利用されたiPhoneアプリを調査しました。



[画像1: リンク ]



アプリがますます人々の日常生活に浸透してきた今、直接のアプリストア収益だけでなく、利用量が重要な指標となってきています。本レポートでは、月間アクティブユーザー数(MAU)、利用率増加、利用時間(米国のみ)など、利用量の各指標に関わるランキングを提供しています。多くのランキングでFacebook社のアプリが上位に入る一方、Snapchatもそれを追う形ででランクインしました。日本ではYahoo社のアプリが特に利用率を伸ばしています。下記にレポートの一部を紹介します。

iPhone利用率増加ランキング:日本ではYahoo社のアプリが躍進

[画像2: リンク ]



この表は利用率(アプリを起動したユーザーの割合)の増加ランキングになります。3カ国全てにおいて、Facebook社のアプリが多くランクインしていますが、日本ではYahoo社のアプリが3つランクインしています(Yahoo!天気、Yahoo!防災速報、Yahoo!ニュース)。

iPhone利用時間ランキング:SnapchatがFacebookに次ぐ2位に

[画像3: リンク ]

MAUランキングではFacebook社のアプリが上位を独占したものの(全文レポート参照)、利用時間を見るとSnapchatが1つ順位を上げ、Facebookにつぐ2位にランクインしています。その背景には、Story機能やディスカバリー機能など、ユーザーのアプリ利用時間を伸ばす機能があると考えられます。

レポート全文はこちら
 リンク

App Annieについて
App Annie (アップアニー) は、アプリビジネスを成功へと導く信頼性の高い市場データと深い洞察を提供しており、アプリ市場の情勢、自社アプリの競合優位性をより深く把握するため、50万を超える登録ユーザーに利用されています。米・サンフランシスコに本社を置き、世界15都市で、425名以上の従業員が活躍しています。現在までにeVentures、Greenspring Partners、グレイクロフト・パートナーズ、IDGキャピタル・パートナーズ、Institutional Venture Partners、セコイア・キャピタル等の世界中のベンチャーキャピタルから1億5,700万米ドルの資金調達を実施しました。

会社ホームページ: www.appannie.com
Twitterアカウント: @AppAnnieJapan
Facebookページ: リンク

プレスリリースについてのお問い合わせ先
 メールアドレス:mkt-jp@appannie.com
 電話番号(広報:藤原):080-9890-5632

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事