logo

世界初!宿泊施設向け「英語チャット コンシェルジュ」サービスの法人受付を開始

ビースポーク 2016年06月08日 16時18分
From PR TIMES

~ホテル、旅館、民泊業者へサービスを提供~

ガイドブックには載っていない体験をコンセプトに、日本の「穴場」を紹介する「LEVART」を運営する株式会社ビースポーク(本社:東京都港区、代表取締役: 綱川明美)は、ホテル、旅館、民泊業者へ向け、外国人宿泊客のリクエストや困ったことにリアルタイムで対応する「英語チャット コンシェルジュ」サービスを今夏に開始します。それに先駆けて、利用を希望する宿泊施設の事前受付を6月8日より開始することをお知らせします。



[画像: リンク ]



■背景
近年、訪日外国人旅行者が急増する一方で、ホテルや旅館、民泊業者において、多言語対応が可能な人材の不足が深刻な問題になりつつあります。加えて、「この辺で 地元の人に人気なお店はどこだろう?」「家族で日本文化を楽しめるおすすめの場所は…?」といったような外国人宿泊者のリクエストに、多くの宿泊施設は対 応しきれていません。そこで、当社は既に展開している訪日外国人旅行者向けの「英語チャット コンシェルジュ」サービスを、今夏より、宿泊施設向けに提供します。本サービス提供に先駆けて、導入を希望するホテル、旅館、民泊業者、旅行代理店等を対象に、6月8日より事前受付を開始します。

■新サービスの特長
本サービスは、現地に友人がいれば頼めるよう な、お店や遊ぶ場所の推薦、予約、手配、道案内など、ちょっとしたリクエストを、リアルタイムで依頼出来るのが特長です。地下鉄の駅で地図を片手に迷って いたり、土産物店で特定の品を探している時に英語が通じず購入を諦める観光客を多々見かけます。英語が話せるコンシェルジュが不在な宿泊施設を利用した場合には、タクシーの手配すら依頼できる相手がいません。そんな時に宿泊者が本サービスを利用することで、より快適な旅を実現することが可能になります。オンライン で「いつでも」「どこでも」利用できるためコンシェルジュが同伴しているような安心感を外国人宿泊者へ提供でき、宿泊施設では英語を話す人材や設備投資も 必要なく、すぐに本サービスを始めることが可能です。
※本サービスは法人契約のみとなります。料金はプランに応じて異なり、具体的なサービス内容については、それぞれの宿泊施設に応じて提供可能です。

■今後の展開
ホ テルや旅館、民泊業者のサービスの一部として、日本現地でのコンシェルジュサービスの提供(アウトソーシング)を、英語のみに限らず、多言語で予定してい ます。より多くの訪日外国人旅行者へ「手軽にディープなローカル体験」を提供できるような世界初の旅行サービスを目指してまいります。

■会社概要
商号 : 株式会社ビースポーク
代表者 : 代表取締役 綱川 明美
所在地 : 東京都港区麻布十番
設立   : 2015年10月
事業内容 : インバウンド向けインターネットサービス
URL    : LEVART リンク // Bebot リンク

■本件に関するお問い合わせ先
企業名 : 株式会社ビースポーク
担当者名 : 荒井未央
Email : info@be-spoke.io

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。