logo

KARTE、マーケティングオートメーションツール「カスタマーリングス」と連携開始

プレイド 2016年06月08日 10時00分
From PR TIMES

リアル店舗のデータと連携したウェブ接客が可能に

株式会社プレイドは、同社が提供するウェブ接客プラットフォーム「KARTE(カルテ)」において、株式会社プラスアルファコンサルティングが提供するマーケティングオートメーションツール「カスタマーリングス」との連携を6⽉8⽇より開始いたしました。



株式会社プレイド(東京都品川区:代表取締役社長 倉橋健太)は、同社が提供するウェブ接客プラットフォーム「KARTE(カルテ)」において、株式会社プラスアルファコンサルティング(東京都港区:代表取締役社長 三室克哉)が提供するマーケティングオートメーションツール「カスタマーリングス」との連携を6⽉8⽇より開始いたしました。
[画像: リンク ]



「カスタマーリングス」は、通販事業者を中心に300社以上に導入されているクラウド型のCRM/マーケティングオートメーションツールで、リアル店舗や自社ECサイトの顧客データや購買履歴データを統合管理し、分析からアクションまでを自動で実行することができるサービスです。

オフラインとオンラインでシームレスな接客が可能に

今回の連携により、それぞれで蓄積したユーザーの特徴を表すセグメントデータを相互にやり取りすることが可能となります。

「KARTE」が得意とするウェブサイトでのリアルタイム解析とアクションを「カスタマーリングス」で蓄積したセグメントデータを活用して行うことにより、オフラインとオンラインでのシームレスな接客を実現します。
これにより、ウェブサイト上で蓄積したデータを元にした店舗での接客や、店舗での購入履歴を元にしたウェブサイトでの接客が可能となるほか、店舗への来訪を促すメッセージ配信などのO2O施策を、効果を検証しながら行うことが可能となります。

また、「KARTE」で蓄積したデータを元に、「カスタマーリングス」が用意するアクションを実行することも可能です。
「KARTE」では、ウェブサイト上でのポップアップ表示のほか、チャット、SMS、メール、Facebook通知、ブラウザ通知、スマホ通知などでのアクションが2016年3月から可能となっています。
これに加えて、「カスタマーリングス」で可能なDM対象リストの抽出やコールセンターでの架電対象リストの抽出、ディスプレイ広告の配信先の制御、アプリのプッシュ通知でのアクションなどが可能となります。

「KARTE」は今後も、お客様の情報を様々なサービスとの連携により一元管理可能とし、様々なアクションを実行できるプラットフォーム化を推進してまいります。

カスタマーリングスについて
「カスタマーリングス」は、インターネットを通じてソフトを貸出すクラウドサービス形式で提供し、月額9.8万円(税別。初期費別途)から利用できます。
企業ごとに異なる顧客データの各種レイアウトにも柔軟に対応でき、また専門性を要しない操作性を実現することで、従来のCRMシステムなどの導入で頻繁に見られる、システム設計やカスタマイズなどの導入負荷を大幅に軽減し、マーケティング部門の現場だけで短期間で導入・運用を可能としました。今後も通販企業を中心に、1年間で100社の導入を目指していきます。
URL:リンク

KARTEについて
「KARTE」は、ウェブサイトに数行のコードを埋め込むだけで、来訪者の特徴や行動をリアルタイムに解析し可視化することができ、個々の来訪者にあわせたメッセージ配信などを可能にするサービスです。これまでにないリアルタイム解析を実現したことにより、利用者がサイトから去ってしまう前に、必要な情報を適切なタイミングで自動的に提案することができます。
2016年3月には新機能「KARTE TALK」を発表し、チャット、SMS、メール、Facebook通知、ブラウザ通知、スマホ通知などでのアクションが可能となっています。
2016年2月末時点で導入社数は800社を超えています。
URL:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事