logo

ぷらっとホーム、「OpenBlocks(R)」の標準OS「Debian GNU/Linux」の開発者世界大会「DeConf16」へ公式協賛

 2016年6月7日、ぷらっとホーム株式会社(証券コード:東証6836、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木友康、以下ぷらっとホーム)は、世界のDebian GNU/Linux(以下、Debian)開発者が開発について議論を行う「DebConf16」(Debian Conference 2016)の公式スポンサー(Bronze sponsor)として協賛することを発表しました。

 DebianはLinux OSのディストリビューションとして最も古い歴史をもつパッケージの一つであり、全世界の1,000人近くの開発者からなるDebian Projectを中心として開発・維持・運営されています。Debianには現在、36,000以上のソフトウェアパッケージがあり、世界中の企業、政府組織、教育機関、非営利団体等で使用されています。「DebConf」はDebianの開発者やユーザーの年度会議であり、毎年、開催国を変えて行われており、今年で17回目の開催となります。例年50か国以上から合計300名以上が参加し、知識や経験を共有しながら最新の開発について活発な議論が行われます。
 ぷらっとホームは1993年の創業以来、一貫してLinuxを含むオープンソースソフトウェアの普及活動を支持しています。2013年5月には、汎用小型サーバー「OpenBlocks」に対応するLinuxカーネルが、Debian の公式リポジトリに登録され、DebianコミュニティによるOpenBlocksへのサポートが開始されました。また、2016年6月には、Debian 7 Wheezy LTS(Long Term Support)に armel および armhfが公式にサポートされました。
 ぷらっとホームは来るIoT (Internet of Things : モノのインターネット)時代の到来に向けて、引き続きDebianをはじめとするLinuxを含むオープンソースソフトウェアの活動を積極的に支持して参ります。
 
「Debian Conference 2016」開催概要
 日程: 2016年7月2日~9日
 場所: University of Cape Town(南アフリカ共和国)
 ※ Debian Conference 2016 公式Webサイト(英語)リンク

OpenBlocks(R)シリーズ製品関連URL

 ■OpenBlocsk(R) A Family
  リンク

 ■OpenBlocks(R) IoT Family
  リンク

 ■OpenBlocks(R) IoT Family(英文)
  リンク

ぷらっとホームについて
 ぷらっとホームはマイクロサーバーの開発製造大手です。1993年の創業よりLinuxサーバーのパイオニアとして、通信やネットワーク分野に自社製コンピュータを供給してきました。手のひらサイズの超小型Linuxサーバー「OpenBlocks(R)」は、大手通信事業者をはじめ、物流、輸送、金融、エネルギー産業、官公庁など日本の社会インフラを支える様々な領域で採用されており、今後大きく成長すると見込まれるM2MやIoT(Internet of Things: モノのインターネット)でも大きな注目を集めています。

本発表に関するお問合せ先
 ■報道機関からのお問合せ先:
  ぷらっとホーム株式会社 製品マーケティング部 星 賢志(ほし けんじ)
  pr@plathome.co.jp
  Tel 03-5213-4373 / Fax 03-3221-0882

 ■ユーザー向けのお問合せ先:
  ぷらっとホーム株式会社 営業部 竹内 敬呂(たけうち よしろ)
  sales@plathome.co.jp
  Tel 03-5213-4370 / Fax 03-3221-3766

* 外観・仕様・価格等は予告なく変更する場合があります。
* ぷらっとホームおよびPlat'Homeの名称・ロゴは、日本国及びその他の国における、ぷらっとホーム株式会社の登録商標または商標です。
* その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事