logo

『moconavi』とクラウド名刺管理『Sansan』が連携を開始。端末本体のアドレス帳に連絡先が登録されていなくても 『Sansan』に連絡先が登録されていれば着信時に発信者情報が表示できます。

株式会社レコモット(以下:レコモット、本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:東郷 剛)は、レコモ
ットのセキュアMAM(注1)サービス『moconavi(モコナビ)』とSansan 株式会社(以下:Sansan、本社東
京都渋谷区、代表取締役社長:寺田親弘)が提供する、クラウド名刺管理サービス『Sansan』との連携
機能を2016 年6 月6 日より提供開始します。

今回の連携により、クラウド上の『Sansan』の名刺データを『moconavi』のセキュアコンテナ内で安全
に参照可能なアドレス帳として利用可能になります。本サービスを導入したユーザーは、ご自身のスマ
ートフォンの機種に関わらず、セキュアなクラウド上の『Sansan』名刺データからの発信、ならびに着信
時の発信者情報の表示が可能です。さらに『moconavi』のメールクライアントより、会社のメールアドレ
スでメール送信も可能になります。本連携により、企業の情報セキュリティ対策およびBYOD(注2)の
推進も強力にバックアップします。

「Sansan」、「moconavi」の連携サービス概要
『Sansan』から提供される API を利用して、『moconavi』のセキュアコンテナ内のアドレス帳として利用
可能です。これまでも、『Sansan』のAPI を活用したクラウドアドレス帳サービスは存在しましたが、基本
的には同期型で『Sansan』の名刺データのコピーを持ち、多重管理するものしか存在しませんでした。
本サービスでは、『Sansan』の名刺データをリアルタイムに直接参照することで、一元管理された名刺デ
ータを利用することが可能になり、名刺データ反映のタイムラグ等が発生しなくなります。
さらに『moconavi』の標準機能により、Office365 などと連携し、会社のメールアドレスでメール送信す
る、IP-PBX やモバチョ050 との連携機能により、発信元の番号から『Sansan』の名刺データを検索し、
着信時に発信者情報として通知及び表示します。
以下が主な連携機能の概要です。

1) セキュアなアドレス帳として
・ Sansan の名刺データをmoconavi のセキュアアドレス帳として利用できます。
・ 名刺データはSansan の情報を直接参照するので、一元管理を保ちます。
2) 会社のメールアドレスでメール送信
・ メールアドレスをタップした際に、スマホのメールクライアントではなく、moconavi のメールク
ライアントを起動します。
・ Office365 等と連携し、会社のメールアドレスでメールの送信が可能です。メール作成時の
アドレス帳としても利用可能です。
3) 電話連携と着信通知
・ IP-PBX や楽天コミュニケーションズのモバチョ050 と連携し、発着信の履歴管理がクラウド
上で可能です。
・ また電話着信時に『Sansan』の名刺データを検索し、着信元の電話番号とマッチすれば、ス
マホのアドレス帳にデータがなくても発信者をプッシュで通知できます。
・ つまり、スマホのアドレス帳に名刺情報を登録しなくて使えるので個人情報の漏洩の心配が
なく、着信時の発信者表示が可能ですが、情報は残りません。
Sansan 株式会社
Sansan 事業部 ビジネス開発部
プロダクトアライアンスマネージャー 山田 尚孝氏より
法人向けクラウド名刺管理サービス『Sansan』は現在4,000 社超の企業様にご利用頂いています。
昨今、お客様より「Sansan 内に蓄積された名刺データをもっと有効活用したい」というお声を多数頂い
ており、今回のmoconavi との連携はそのような期待に応えるとともに、「名刺を企業の資産に変える」と
いう Sansan のコンセプトに適う有用な連携と考えております。
Sansan x moconavi によって、更に多くの企業様にSansan の価値を届けられることを期待しています。

「moconavi(モコナビ)」について
「moconavi」とは、Office365 やSalesforce などのパブリッククラウドやオンプレミスのExchange や
Notes/Domino をスマートデバイスから安全に利用可能なセキュアMAM(注1)サービスです。
1) 多彩なアプリ標準機能
メールやアドレス帳、カレンダー機能に加えて、セキュアブラウザ機能で、社内のWeb 化されたシ
ステムをセキュアに利用可能です。また、ファイルサーバにも対応しており、社内のファイルサーバ
のドキュメントを、高性能ドキュメントビューワによりWord、Excel、PowerPoint、PDF などを高い再現
性でセキュアに閲覧し、高速ズームやスクロール操作が可能です。さらに、UC 連携機能で「モバチ
ョ“050”」などの電話サービスとも連携可能です。
2) 多様な認証方式
認証はID、パスワードに加え、端末認証やワンタイムパスワード認証などの多要素認証に対応し、
ADFS やSAML 等のフェデレーション認証にも対応します。
3) セキュアな通信経路
通信経路の暗号化(SSL)や、キャリアの閉域網サービスに対応するなどセキュアな通信を提供し
ます。
4) デバイスにデータを残さない高セキュリティ
メールや添付ファイルなどのデータは、端末やサーバには一切残らないため、企業の機密情報漏
洩のリスクを軽減します。
5) 簡単導入
導入は、レコモット社クラウド設備へアウトバンド方向に443 が空いていれば、SSL VPN(注3)で接
続可能です。お客様のネットワークの設定変更の必要がなく、簡単に導入可能です。
(注1)Mobile Application Management の略。企業内で利用するモバイルアプリの管理ツールの総称。
(注2)Bring Your Own Device の略。個人の所有するスマートフォンやタブレットなどを業務に活用すること。
(注3)クラウドホスティングの場合。SSL-VPN のクライアントソフトを無償で配布。(要依頼)

【株式会社レコモットについて】
社名の由来である「relational communicate in mobile technology」をコンセプトに、法人向けのモバイ
ルソフトウェア開発(ビジネスメッセンジャー、セキュアブラウザ、VoIP(SIP)関連など)で培った技術力を
軸に、主力製品「moconavi」の開発と販売を行うベンダーです。通信キャリアやOTT ベンダーが提供す
る、クラウドやソフトウェアのサービスを「moconavi」に統合し、モバイルであらゆるコミュニケーションを
ナビゲート(moconavi の名称の由来)することにより、ワークスタイルを「人」中心に変革し、社会に貢献
することで、事業の拡大を目指します。詳細はリンク をご覧ください。
※本プレスリリース記載の会社名および商品名、サービス名は各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースに関するお問い合せ先
株式会社レコモット 広報担当
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-6 紀尾井町パークビル2 階
TEL:03-6380-8567 FAX:03-5211-8563 E-Mail:info@recomot.co.jp


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。