logo

グラフさんが2016年WTAエリート・トロフィー珠海のトーナメント・アンバサダーに

Huafa Group 2016年05月20日 14時39分
From 共同通信PRワイヤー

グラフさんが2016年WTAエリート・トロフィー珠海のトーナメント・アンバサダーに

AsiaNet 64484(0622)

【珠海2016年5月19日PR Newswire=共同通信JBN】元WTAの世界ナンバーワンでグランドスラム22回優勝のシュテファニー・グラフさんが2016年WTAエリート・トロフィー珠海のトーナメント・アンバサダーを務める。

2015年に始まったWTAエリート・トロフィー珠海は、トップランクのシングルス・プレーヤー11人とワイルドカードの1人、それにトップランクのダブルス・チーム4組とワイルドカードの2組が出場する。11月1-6日に横琴(Hengqin)国際テニスセンターで開催されるこのイベントは、優勝者に700ポイントが与えられ、何人かの世界のトッププレーヤーが出場する。

グラフさんは「2016年WTAエリート・トロフィー珠海のアンバサダーになるのはとてもうれしい。2015年大会についてはプレーヤーやプレスからよく話を聞いているので、今年の大会に出掛けて参加するのが待ち遠しい」と語っている。

グラフさんは史上最も偉大なテニスプレーヤーの1人とされている。現役時代には22のグランドスラムのシングルスのタイトルを含め、107のWTAシングルスのタイトルを獲得した。WTAがランキングの発表を開始して以来の最高記録である377週間にわたるWTAのナンバーワン・プレーヤーだった。1988年にはグランドスラム4大会のシングルスのタイトルとオリンピックの金メダルを獲得してゴールデンスラムを達成した初めてのプレーヤーになった。さらに、グランドスラム大会の全てで4回以上優勝した唯一のテニスプレーヤーである。

WTAのスティーブ・サイモン最高経営責任者(CEO)は「グラフさんはWTAの最も偉大なプレーヤーの1人で、多くのプレーヤーから模範となる存在と見られていた。グラフさんの支援は、珠海の権威ある地位の新たな確たる証しである」と述べた。

トーナメント・ディレクターのピーター・ジョンストン氏は「グラフさんが2016年WTAエリート・トロフィー珠海のグローバル・アンバサダー就任に同意したことを大変喜んでいる」と語った。

WTAエリート・トロフィー珠海の主催者であるZhuhai Huafa Group Co., Ltd.のメズレ・チュン副ゼネラルマネジャーは「グラフさんは偉大なチャンピオンであり、珠海の美しい街、素晴らしい横琴国際テニスセンターに彼女を迎えるのを楽しみにしている」と語った。

有名なHuafa GroupがAPGと協力して運営するWTAエリート・トロフィー珠海は、評価の確立されたプレーヤーと新たなスターが交わる大会である。2015年の大会には元WTA世界ナンバーワン・プレーヤーのビーナス・ウィリアムズ、キャロライン・ウォズニアッキ、エレナ・ヤンコビッチの3選手と次世代プレーヤーのカロリーナ・プリスコバ、マディソン・キース両選手が参加した。

ソース:Huafa Group

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事