logo

アラスジャパン、第27回 設計・製造ソリューション展(DMS)に出展

6月22日~24日に東京ビッグサイトで開催される、日本最大の製造業向けITソリューションの専門展にAras Innovatorを出展

エンタープライズ・プロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソフトウェアの次世代リーディングカンパニーであるArasは、本日、第27回 設計・製造ソリューション展(DMS)に出展することを発表しました。

設計・製造ソリューション展(DMS)は、PLM、CAD、CAE、ERP、生産管理システムなどの製造業向けのITソリューションが一堂に出展する専門展です。前回の2015年には2,230社が出展、製造業の設計・開発、製造・生産技術、情報システム部門のユーザーを中心に期間中延べ80,000人以上が来場し、出展企業と活発な商談を行いました。

DMSのAras展示ブースでは、ものづくりITにおける最適な構成を実現する「Business of Engineering(ものづくりのビジネス全体を効率化)」 をテーマに掲げ、PLM業界で急成長を遂げているAras Innovatorがどのように「柔軟に業務に適応可能なフレームワーク」「包括的なアプリケーションラインナップ」「あらゆるシステムおよびツールとの容易な接続」を実現しているかをご紹介します。

Aras Innovatorの展示やデモ、ミニプレゼンテーション、Aras認定パートナーによる独自ソリューションなどをご覧いただけます。業種・業界にかかわらず「ものづくり」に携わる企業が今、そして将来直面する課題に対する解決の糸口が必ず見つかります。ご来場の際にはぜひArasブースにお立ち寄りください。

【出展概要】
展示会名:
「第27回 設計・製造ソリューション展(DMS)」

展示会開催日時:
2016年6月22日~24日 10:00~18:00(最終日のみ17時終了)

会場:東京ビッグサイト

出展ブース:東2ホール (CAD & PLM/PDM ゾーン)
小間番号:東15-16

本出展に関する詳細はこちらからご覧ください:
リンク

【Arasについて】
Arasは、複雑な製品・プロセス構造に悩むグローバル企業にベストなプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソフトウェアを提供しています。高い拡張性、柔軟性、アップグレード性を備えたそのレジリエント(しなやか)なプラットフォーム技術は世界の大手企業に採用されており、Business of Engineeringを実現するための機能として必要なアプリケーションも完備しています。Airbus、GE、日立、ホンダ、川崎重工業、モトローラ、ゼロックスなど、世界中のビジネス顧客がArasを採用しています。Arasは米国マサチューセッツ州に本社を構えるプライベートカンパニーです。詳細に関してはウェブサイト リンク、Facebook リンク、および Twitter @ArasJapan をご覧ください。

※ここに掲載されている製品名称やサービス名称はそれぞれ各所有者の登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。