logo

「OKBIZ. for Community Support」を活用した 筆まめ製品に関するQ&Aコミュニティを開設

製品利用者同士の経験や知識を活用した顧客参加型サポートコミュニティ

株式会社筆まめ(本社:東京都港区、代表取締役社長:萩原 義博、以下筆まめ)と株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元 謙任、以下オウケイウェイヴ)と株式会社TMJ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:丸山 英毅、以下TMJ)は、オウケイウェイヴの顧客参加型サポートコミュニティツール「OKBIZ. for Community Support」を活用した筆まめ製品利用者向けのQ&Aコミュニティを2016年4月27日に開設しました。

【筆まめ製品利用者向けQ&Aコミュニティの概要】
このたび開設した「OKBIZ. for Community Support」(以下、「OKBIZ. CS」)のQ&Aコミュニティは、筆まめが販売するはがき・住所録ソフト「筆まめ」をはじめとするソフトウェア製品に関する疑問や困り事を、24時間365日いつでも利用者同士が質疑応答を通じて解決できる場を提供する顧客参加型サポートコミュニティです。
Q&Aコミュニティに投稿された質問は、同コミュニティ内の他の利用者のみならず、オウケイウェイヴが運営する、月間3,100万人が利用する「OKWAVE」(リンク)ならびに連携する約60のパートナーサイトを利用するユーザーにも共有されるため、より多くのユーザーからの素早い回答が期待できる仕組みです。

【今回のコミュニティ開設の意図】
筆まめでは、筆まめネット上でのQ&Aやメールでのサポートを充実させるとともに、このたび開設したQ&Aコミュニティを、サポートにおけるソーシャルチャネルとして位置づけております。夜間・休日等の対応時間外や、はがき・住所録ソフト「筆まめ」の操作方法に関するお問い合わせが多くなる年賀状シーズンでも、コミュニティ利用者同士による早期の問題解決を図ることができます。
また、TMJは、多くのFAQサイトの運用サポートで培ったノウハウを活かし、筆まめ製品利用者向けQ&Aコミュニティ利用者の動向分析などを担います。筆まめ製品のカスタマーサポートにおける顧客接点の最適化やサポートサービス改善への活用など、Q&Aコミュニティの導入効果の最大化に向けた取り組みを継続的に実施します。

■「OKBIZ. for Community Support」について
リンク
「OKBIZ. for Community Support」は繁忙期、ピークタイム、営業時間外、自社サポート範囲外のお問い合わせ等を顧客同士で問題解決するサポートチャネルを開設できる顧客参加型サポートコミュニティツールです。月間3,100万人以上が利用するQ&Aサイト「OKWAVE」との連携により、利用者が素早く回答が得られることや投稿監視等の負担なく導入できることが評価され、プリンター業界の国内大手企業全社をはじめ、PCやデジタル製品を扱う製造業やネットサービス業界等に、ソーシャルチャネルを活用した先進的な顧客サポートソリューションとして導入が進んでいます。
導入企業側では管理ツールの「投稿データ出力機能」を用いてQ&Aコミュニティでの投稿内容の傾向や動向等を分析し、顧客サポートの向上施策や商品企画、マーケティング等の一助に役立てることができます。また「画面内リンク機能」を用いてQ&Aコミュニティ上に自社製品サービスに関する最新情報等を喚起したり、「Web API機能」を用いて、自社サイトにQ&Aコミュニティの最新投稿を自動出力するなど、サポートとマーケティングの両面に活用できます。

■株式会社筆まめについて
はがき・住所録ソフト「筆まめ」シリーズ、フォトムービー作成ソフト「デジカメde!!ムービーシアター」シリーズをはじめとした個人向け製品、「筆まめ顧客管理 Windows版」などの法人向け業務ソフトを企画・開発・販売。また、CRM・SFAアプリケーション「筆まめクラウド顧客管理」や、Webブラウザ上で年賀状作成が行える「Web筆まめ」、住所録の作成・編集・管理が行える「筆まめクラウド住所録」、名刺管理アプリ「筆まめ名刺管理」など、各種Webサービスやスマートフォン・タブレットアプリを展開しています。

■株式会社オウケイウェイヴについて リンク
株式会社オウケイウェイヴは1999年7月設立。互い助け合いの場の創造を通して、物心両面の幸福を実現し、世界の発展に寄与することを目指し、日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」(リンク)を2000年1月より運営しています。3,400万件以上のQ&Aデータベースは、約60の企業サイトが導入する「QA Partner」ならびに顧客参加型サポートコミュニティツール「OKBIZ. for Community Support」にて活用されています。また、「OKWAVE」の運営ノウハウを基にした、特許を有するFAQシステム「OKBIZ. for FAQ / Helpdesk Support」を大手企業、自治体など350サイト以上に導入し、市場シェアNo.1を長年維持しています。2006年6月に株式上場(証券コード:3808)。2007年10月に楽天株式会社、2008年3月に米国マイクロソフトコーポレーションとの業務・資本提携を締結。以降も「OKWAVE」に専門家が回答者として参加する「OKWAVE Professional」(リンク)や、各界の著名人に質問できる「OKWAVE Premium」(リンク)など、Q&Aを軸にした感謝の気持ちでつながるサービスを提供しています。

■株式会社 TMJについて
TMJはベネッセコーポレーション「進研ゼミ」のインハウスセンターが独立分社する形で1992年に設立。世界でも例のない継続型の会員制事業で培った生産管理、品質管理のノウハウを活かし、多種多様なクライアント企業のコールセンターの設計・運営から、調査・分析、人材派遣、人材育成などのサービスを提供。2012年7月には、設立20周年を機に社名を「株式会社TMJ」に変更。2013年8月 バイリンガルITアウトソーサーのBiOS, Inc.を子会社化。2015年8月には中国上海、フィリピンマニラに100%出資子会社を設立。バックオフィスを含むBPO領域、グローバルビジネスサービスへの事業を拡大しています。

※その他、記載された商品名、製品名は各社の登録商標または商標です。

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。