logo

学習院大学で6月11日に「日本ユング心理学会第5回大会プレコングレス」を一般公開~海の彼方より訪れしものたち

学習院大学 2016年05月14日 08時05分
From Digital PR Platform


学習院大学(東京都豊島区)人文科学研究科臨床心理学専攻・附属心理相談室は日本ユング心理学会と共催で6月11日(土)、「日本ユング心理学会第5回大会プレコングレス」を一般に公開する。当日は、民俗学者の赤坂憲雄氏(学習院大学教授、福島県立博物館館長)が著書『ゴジラとナウシカ―海の彼方より訪れしものたち』より講演を行う。ユング心理学の実践的な理論と民俗学の知見を重ね合わせ、震災や原発問題といった喫緊の課題に向けた新たな視点を展開する。定員300名、参加費2,000円。要申込(先着順。定員になり次第締め切り)。


 民俗学者 赤坂憲雄氏のまなざしは、東日本大震災をめぐる思索の出発点として、海の彼方より訪れしものたちをとらえる。それは、異界からの来訪者である。神話的なカタストロフィに対して、神話的な想像力が動き出す。海それ自体が帯びている、幸い/災いをともにもたらす両義的な荒ぶる力は、ゴジラに形象化され、私たちに物語を運んでくる。赤坂氏は、その基層に、太平洋戦争の末期に南の海に散っていった若き兵士たちの数知れぬ霊魂の群れの彷徨を感じる。近代科学のテクノロジーの行方、そして犠牲の主題について、心の深層に向け静かに紡がれる民族的なアプローチに耳を傾けたい。

◆日本ユング心理学会第5回大会プレコングレス「海の彼方より訪れしものたち」
【日 時】 6月11日(土)14:00~17:30(受付開始13:30)
【会 場】
 学習院創立百周年記念会館 正堂
 (東京都豊島区目白1-5-1)
【アクセス】
・JR山手線「目白」駅下車 徒歩30秒
・東京メトロ副都心線「雑司ヶ谷」駅下車 徒歩7分
・都電荒川線「学習院下」、「鬼子母神前」駅も利用可
 リンク
【講演者】 赤坂憲雄(学習院大学)
【シンポジスト】
・河合俊雄(京都大学こころの未来研究センター)
・川戸圓(川戸分析プラクシス)
【定 員】 300名(先着順。定員になり次第締め切り)
【参加費】 2,000円(当日、会場受付にて支払い)
【申込方法】
 「プレコングレス参加申込」というタイトルで、「お名前」「ご所属」「ご連絡先」を明記の上、e-mailまたはFAXでお申し込みください。
 定員に達し、ご参加いただけない場合のみ、こちらからご連絡させて頂きます。
【申込先】
・日本ユング心理学会(JAJP)事務局
 E-mail: office@jajp-jung.info
・学習院大学心理学科
 FAX: 03-5992-9316
【共 催】 学習院大学人文科学研究科臨床心理学専攻、附属心理相談室
【後 援】 豊島区、学習院大学

■講演者紹介 赤坂憲雄
 日本の民俗学者、学習院大学教授、福島県立博物館館長。
 主要著書に『異人論序説』『排除の現象学』『遠野/物語考』『境界の発生』『東北学/忘れられた東北』『ゴジラとナウシカ―海の彼方より訪れしものたち』ほか多数。東北学を提唱したことで知られる。
 2007年『岡本太郎の見た日本』でドゥマゴ文学賞受賞、2008年同書で藝術選奨文部科学大臣賞(評論等部門)受賞。
 2011年4月東日本大震災復興構想会議委員。被災地を歩き、公演、シンポジウムなどの著作活動を行う。

●日本ユング心理学会HP
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 学校法人学習院 総合企画部広報課
 TEL: 03-5992-1008

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事