logo

Megaport、ダニエル・ライアン氏を北米販売担当副社長に任命

Megaport 2016年05月11日 15時03分
From 共同通信PRワイヤー

Megaport、ダニエル・ライアン氏を北米販売担当副社長に任命

AsiaNet 64371(0578)

【ブリスベーン(オーストラリア)2016年5月11日PR Newswire=共同通信JBN】SDNベースのエラスティック相互接続の世界リーダーMegaport(www.megaport.com )は11日、ダニエル・ライアン(Daniel Ryan)氏が北米販売担当副社長として同社に加わったと発表した。

Logo -  リンク

Photo - リンク
(キャプション:Megaport Limitedのデンバー・マダックス最高経営責任者)

Megaportは北米の中核拠点の発表会を終えた際に、今回の経営幹部の加入を明らかにした。同社のサービスはこれにより、北米では8市場、29カ所で、世界ではさらに6市場を加え、66カ所で利用できるようになる。ライアン氏は自らの役割として北米全域におけるMegaportの事業拡大を継続し、世界的な市場戦略を支援することについて責任を負う。ライアン氏は直接、Megaportのデンバー・マダックス最高経営責任者(CEO)に報告する。

Megaport Limitedのデンバー・マダックス最高経営責任者は「ライアン氏は、われわれの業界内では有能で人を奮起させる販売のリーダーであることが分かっている。彼は、企業がデータサービスのエコシステムを形成するため、どのようにバリューチェーンとして相互に作用するかをしっかりと理解している。これにより、彼の顧客販売行程への深い理解も相まって、彼はMegaportのモデルを新しい市場や垂直市場に持ち込む立場に置かれる。Megaportは顧客の経験を熱烈に評価しており、これら全てにより、ライアン氏は究極の顧客の擁護者になる」と語った。

ライアン氏は国際的なデータセンター市場で10年以上の経験がある。彼はデータセンター・サービスの世界大手のプロバイダーであるIOからMegaportに移る。彼は、IOでは最近は英国のNew Market Directorを務めた。彼は米国のIOのデータセンターで企業・ルート販売から彼のキャリアをスタートさせた。彼は同データセンターで世界的な市場戦略を支援、実行し、同社の世界の拠点を拡大する上級の役割を担った。ライアン氏は旧来の市場を刷新し、破壊する技術や企業の情熱的な支持者である。

ライアン氏は「私は、クラウドおよびデータセンターのオペレーターとのパートナーシップによるコネクテッドコミュニティーの構築に明確に焦点を合わせつつ、エラスティック相互接続のリーダーとしてのMegaportの影響力を引き続き拡大することを目指している。私は、Megaportが推進している業界変革の一員となること、そして、そのような有能なチームとともに働くことに興奮している」と語った。

▽Megaportについて
Megaportはエラスティック相互接続サービスの世界をリードする独立中立系のプロバイダーである。ソフトウエア定義ネットワーキング(SDN)を利用した同社の世界的なプラットフォームにより、顧客はMegaport Fabric(Megaport構造)において迅速に自分のネットワークを他のサービスに接続することができる。顧客はモバイルデバイスや顧客のコンピューター、同社のオープンAPIを通じ、直接、サービスをコントロールできる。オーストラリア、アジア太平洋、北米にある同社の広範な拠点は、さまざまな市場にある多くの重要なデータセンター・プロバイダーを結ぶ中立のプラットフォームを提供している。

Megaportはオーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、香港、カナダ、米国の13市場で66のデータセンターを運営しており、現在、そのプレゼンスを北米、ならびにロンドン、ダブリン、アムステルダム、ストックホルムを含む欧州の主要市場の新たなデータセンターに拡大している。

MegaportのSDNベースの相互接続構造についての詳細はリンク を参照。

▽報道関係問い合わせ先
Email: media@megaport.com

Wendy Hill
Sapphire Communications
PH: +614-2717-3203
EM: wendy@sapphirecommunications.com.au

ここで言及された他の全ての企業または製品の名称は、それらの各所有者の商標または登録商標である。このプレスリリースで提供される情報は発表時において正確であり、事前通知なしに変更されることがある。

ソース:Megaport

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。