logo

‘’創発的イノベーションは「名刺」から!”パラレルキャリアから高齢化社会を考える例会

公益社団法人東京青年会議所 2016年05月06日 10時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年5月6日

公益社団法人東京青年会議所

“創発的イノベーションは「名刺」から!”米倉誠一郎氏も講演
パラレルキャリアから高齢化社会を考える 例会 2016 年5月18 日東大で開催

25歳から40歳の青年経済人で構成され、社会貢献運動を行う公益社団法人東京青年会議所(事務局:東京都千代田区、理事長:中原 修二郎)が中心となって、パラレルキャリアから高齢社会を考えるシンポジウム「パラレルキャリアが未来を切り拓く ~2枚の名刺が生み出す新たな価値~」を2016年5月18日(水)に東大本郷キャンパスにて開催いたします。
■趣旨
我が国は、世界で類を見ないスピード少子化と高齢同時並行進んます。未曾有の高齢化に対して必要となるのは、現役世代が高齢者となった後も、地域・社会関わり続けるめの「働き方」改革です。そのために、パラレルキャリアという概念を理解し、自ら実践するための気付きを学ぶことができます。
■セミナー内容
【18:30~18:42】委員会発表(2月例会振り返り)、確認テスト、パラレルキャリア紹介動画
【18:42~19:17】基調講演 「2枚目の名刺 未来を変える働き方」
講演:米倉誠一郎 氏(一橋大学イノベーション研究センター教授)
【19:19~19:49】石山教授によるパラレルキャリア解説及び企業研修の事例紹介
講師:石山恒貴(法政大学大学院政策創造研究科教授)
【19:51~20:26】パネルディスカッション
「パラレルキャリアのロールモデルについて」
コーディネーター:石山恒貴 氏(法政大学大学院政策創造研究科教授)
パネリスト:西村剛敏 氏(株式会社TOKYO23代表取締役)
樋下稔生 氏(島根県雲南市 地方創生情報発信アドバイザー、日本遺産に係るアドバイザー)
鈴木美穂 氏(NPO法人maggie’s tokyo共同代表)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。