logo

メルクの新製品はシングルユース(使い捨て)に使いやすさをもたらす

メルク 2016年04月28日 10時15分
From 共同通信PRワイヤー

メルクの新製品はシングルユース(使い捨て)に使いやすさをもたらす

AsiaNet 64207(0515)

【ダルムシュタット(ドイツ)2016年4月28日PR Newswire=共同通信JBN】
*INTERPHEX 2016で発表された製品には、規模拡大に対するより大きな柔軟性と継続性用途の1000リットル・バイオリアクターが含まれる
*混ぜ合わせが難しい緩衝材と媒体向けの2000リットル・ミキサー
*無菌性および非無菌性流体用の大容量搬送システム

サイエンス・テクノロジー大手のメルク(Merck)(リンク )は、バイオ医薬品製造工程のより優れた効率と使いやすさを提供する3種のMobius(R)製品(リンク )を発売する。

Photo - リンク

新しいMobius(R)製品は、業界をリードする設計によるシングルユース(使い捨て)の1000リットル・バイオリアクター、混ぜ合わせるのが難しいバイオファーマ材料向けの2000リットル・ミキシングシステム、無菌性および非無菌性物質用の大容量流体搬送システムである。

メルクのライフサイエンス事業部門(リンク )のウディット・バトラ最高経営責任者(CEO)は「当社の最新のMobius(R)製品は、顧客の間に高まりつつある使い勝手の良いシステムへの複雑なニーズに応えるものであり、これにより、彼らは自分たちの科学に焦点を合わせることができる」と語った。

Mobius(R)の1000リットル、シングルユースのバイオリアクターは、3から2000リットルのサイズの包括的なMobius(R)攪拌タンク製品ポートフォリオを完結するもので、規模拡大に対してより大きな柔軟性と継続性を提供する。メルクの新製品バイオリアクターは、容易かつ安全なバッグ取り付けができる業界唯一の下部注入式引き出しを備えており、一貫したパフォーマンスに対して特に大規模に行う均質で迅速なミキシングを実現できるよう設計されている。

Mobius(R)Power MIX 2000は、混ぜ合わせるのが難しい緩衝材、媒体、その他のバイオファーマ材料を処理する強力な(攪拌)渦を生み出す。強力なミキシングは、ステンレススチール製タンクでの実証済みミキシング技術である磁気的に結合したNovAseptic(R)技術に基づくインペラ(羽根車)設計とモーターで達成される。Power MIX 2000は、ミキシング用コンテナから直接、利用しやすい無菌のゼロデッドレッグ・サンプリングを可能にする。プローブ用ポートによって、非無菌性プロセス用の再利用可能な標準プローブもしくは非無菌性プロセス処理中のpH測定に向けた非無菌性、事前殺菌済みのシングルユース・センサーのいずれかを挿入することができる。

Mobius(R)シングルユース3D大容量流体搬送システムのシングルユース・バッグおよびステンレススチール製搬送容器は、無菌性および非無菌性の媒体、緩衝材、処理中の中間物、寒冷もしくは周囲温度で最終的な大量の医薬品を安全かつ簡便に路上輸送することができる。システムは作業ボリューム100から500リットルで、4つのシングルユースのバッグ組み立て部品を提供する。全てのバッグは、実証済みの低抽出プロファイルとガスバリヤー特性を持つPureFlex(TM)Plus フィルム製である。

メルクは4月26-28日にニューヨークで開かれるINTERPHEX 2016のブース#2841で、業界をリードする一連のシングルユースのバイオ医薬品製造用製品を展示する。

▽メルク(Merck)について
メルクはヘルスケア、ライフサイエンス、パフォーマンスマテリアルズの分野におけるサイエンス・テクノロジーの大手企業である。がんや多発性硬化症を治療するバイオ医薬品療法や科学研究・生産に関する最先端システムからスマートフォンやLCDテレビの液晶まで、暮らしをより良くする技術の一層の進歩を目指して約5万人の従業員が働いている。2015年のメルクの売上高は66カ国で128億5000万ユーロに上った。

1668年創業のメルクは、世界で最も歴史のある製薬・化学品会社である。創業家は上場株式の過半数を今なお保有している。メルク本社はドイツのダルムシュタットにあり、メルクの名称とブランドの世界的権利を保有している。唯一の例外は米国およびカナダであり、両国ではEMD Serono、EMD Millipore、EMD Performance Materialsとして事業を行っている。

メルクの全てのニュースリリースは電子メールで配信されると同時に、メルクのウェブサイトにも掲載される。オンラインでの登録、このサービスの選択変更・中止はwww.merckgroup.com/subscribe を参照。

▽問い合わせ先
Karen Tiano
+1-978-495-0093

ソース:Merck

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。