logo

デュッセルドルフ/NRW日本デー、日独の文化・経済の絆を祝う象徴する日本祭り

Dusseldorf Marketing & Tourismus GmbH 2016年04月26日 10時27分
From 共同通信PRワイヤー

デュッセルドルフ/NRW日本デー、日独の文化・経済の絆を祝う象徴する日本祭り

AsiaNet 64188(0501)

【デュッセルドルフ(ドイツ)2016年4月21日PR Newswire=共同通信JBN】ドイツ・日本の中心地であるデュッセルドルフは5月21日、60万人以上の日本愛好者にとって日本の文化や人々と交わる場所に変わる。今回が15回目。デュッセルドルフは、約7000人の日本人が住んでおり、欧州で最も日本人の多い都市の1つである。ノルトライン・ヴェストファーレン州(NRW)および日本人コミュニティーとともに、州都デュッセルドルフはデュッセルドルフ/NRW日本デーの大規模な文化フェスティバルを開催する。これは間違いなく欧州で最大の日本フェスティバルであり、ワシントンの全米桜祭りに匹敵するものである。このイベントでユニークなのは、日本デーがドイツと日本の緊密なチームワークによって組織されるということである。5月23日にデュッセルドルフで開催される日独経済シンポジウムは日本デーに付随する催しである。このイベントは、約600社の日本企業が集まるNRWとデュッセルドルフにおける日本の存在感の強さを印象深く証明している。

(Photo: リンク

約7000人を数えるデュッセルドルフの日本人コミュニティーは、ドイツ連邦共和国に住む全ての日本人の4分の1を占めている。合計約380社の日本企業は州都デュッセルドルフ市に本社を設けており、一方、ノルトライン・ヴェストファーレン州全体では約3万2000人が600社の日本企業に雇用されている。デュッセルドルフには日本国総領事館、日本商工会議所、日本人学校・幼稚園、そして約4000人の会員を擁する日本クラブがある。日本人はデュッセルドルフの生活の一部であり、あらゆる点でこの都市を豊かにしている。デュッセルドルフ/NRW日本デーと日独経済シンポジウムが2002年から毎年開催されているのは、それが理由である。

デュッセルドルフの日本人コミュニティーは日本デーの準備に深く関わってきた。5月21日の今年のフェスティバルでは、ドイツや外国からの訪問客は、本場のさまざまな音楽、踊り、スポーツ、料理を体験することができる。伝統的および現代的な日本の文化と数多くの典型的な日本のスポーツが3つの舞台で紹介される。ライン川沿いの遊歩道は、約90の情報、活動、料理のテントがずらりと並ぶ。日本デーはまた、世界の漫画ファンにとって重要な出会いの場になっており、その多くは手の込んだ色とりどりのコスチュームで参加する。フェスティバルのハイライトは深夜にライン川の上空を照らし出す壮観な日本の花火の打ち上げであり、今年は「木、花、動物-自然界」をテーマにしている。毎年、花火は特別に日本からデュッセルドルフに運ばれ、日本の花火師によって打ち上げられる。日本デーに関する全ての情報はウェブサイトリンク で入手可能。

2日後の5月23日、日独経済シンポジウムがホテル・インターコンチネンタル・デュッセルドルフで開催される。日独経済シンポジウムは、優秀なドイツと日本の企業、産業団体、政治の代表者のための確立されたフォーラムである。今年のこのイベントは「インダストリー4.0とデジタル革命の実現可能性:日独企業の新しいビジネスモデル」(Industry 4.0 and Digital Transformation - Utopia or Reality? New Business Models for Japanese and German Businesses)をテーマにしている。このイベントはドイツ、NRW、日本のトレンドとイノベーションにかかわり合い、協力の可能性を探る。今年の基調講演の1つは、ロボット革命イニシアティブ協議会の久保智彰事務局長が行う。日独経済シンポジウムは、NRW州経済・エネルギー・産業・中小企業・手工業省、NRW.Invest、デュッセルドルフ/NRW日本デー協会、州都デュッセルドルフ、日独産業協会、日本貿易振興機構、デュッセルドルフ商工会議所によって開催される。詳しい情報はリンク を参照。

「ライン川沿いの日本の首都」を体験したい人は、東京・成田から毎日運航の直行便で快適にデュッセルドルフへと旅することができる。Dusseldorf Marketing & Tourismus GmbHは、特に日本デー専用のものを含むさまざまなホテルパッケージを提供している。詳細はリンク または電話+49 211-17202-851で。

ソース:Dusseldorf Marketing & Tourismus GmbH


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事