logo

スイッチ/ルーター製品、ファームウェアバージョンアップで、IoTインフラのセキュリティー、統合管理機能を強化


アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、AlliedWare Plus(AW+)をバージョンアップし、新ファームウェア AlliedWare Plus(AW+)「Ver.5.4.6-0.1」の当社ホームページからのダウンロードサービスを4月25日より開始します。また、新製品「AT-x230-18GT」、「AT-x230-18GT-T5」、「AT-AR2010V」、「AT-DRMT-J02」、AT-x930シリーズ用電源ユニット「AT-PWR150-70-T5」の出荷を5月6日から開始し、あわせて同日、「AR4050S用AMFマスターライセンス」をリリースします。

【AT-x230-18GT/AT-x230シリーズの主な特長】
「AT-x230-18GT」は、10/100/1000BASE-Tポートを16ポートとSFPスロットを2スロット搭載したレイヤー2plusギガビット・インテリジェント・スイッチです。SFPスロットにオプション(別売)のSFPモジュールを追加することによりギガビット光ポートの実装が可能です。

AT-x230シリーズは、ループガードや多彩なセキュリティー機能を搭載するほか、SDカードトリガー機能によりファームウェアのバージョンアップや設定の反映をSDカードの装着をトリガーとして自動的に行えます。また、SDカードオートリブートをサポート。機器設定やファームウェアを保存したSDカードから起動することでPC
レスでの作業が可能です。さらに、AMF(Allied Telesis Management Framework)メンバー機能に対応し、ゼロタッチ・インストレーションやオートリカバリー機能により、事前設定や専門知識を必要としない正確で迅速な構築/運用を支援します。また、AW+「Ver.5.4.6-0.1」より、Secure Enterprise SDN(SES)に対応(※1)するなど、IoTネットワークの運用管理の効率化とセキュリティー強化に最適な製品です。
(※1)別売の新製品OpenFlowライセンス「AT-x230-FL15」が必要です。

【AT-AR2010V の主な特長】
「AT-AR2010V」は、バイパスポートを搭載したオールギガ・マルチインターフェースのVPNルーターです。小型筐体(140mm×105mm×42.5mm)で、スペースの少ない機器内への組み込みや管理ボックスへの収容が可能です。WAN/LAN用10/100/1000BASE-T×2ポートを搭載し、IPsec VPNでの拠点間接続にIKEv2の安全性、L2TPv3の柔軟性を強化することで、安全で快適なネットワークを構築できます。バイパスポートによる機器冗長によりダウンタイムを最小限に抑えシステムの可用性を向上することが可能です。USB型データ通信端末を接続することでモバイルネットワークにも
活用できます(※2)。また、AMFメンバー機能に対応し(※3)、ネットワーク運用管理の効率化を実現します。ファンレスで最高50℃までの環境温度と、AC/DC両方式の電源供給に対応し、あわせてリリースする新製品、DINレールマウントキット「AT-DRMT-J02」を使用することで、ラック内にコンパクトに収納することが可能です。
(※2)サポートするUSB型データ通信端末は、弊社ホームページをご覧ください。
(※3)あわせてリリースする新製品AMFマスターライセンスが必要です。

【AR4050S用AMFマスターライセンス】
「AMFアニュアルライセンス」は、現行のフィーチャーライセンスに代わる使用期限付のライセンスです。UTM&VPNルーターAR4050S(AR4000シリーズ)用の、AMFマスターライセンス「AT-AR4-AM40L-1Y-2016」(20メンバー(40リンク)、1年)、「AT-AR4-AM40L-6Y-2016」(20メンバー(40リンク)、6年)、「AT-AR4-AM40L-6Y-2016-T6アカテ゛ミック」(文教ユーザー向けアカデミック製品/20メンバー(40リンク)、6年)をリリースします。

■ファームウェアAW+「Ver.5.4.6-0.1」で強化した主な機能
・ゲストノード対応
AMF非対応機器がAMFネットワークに参加可能となる、AMFゲストノード機能に対応します。本機能では、
AMFメンバーにゲストノードが接続されると、AMFメンバーで事前に保持、またはAMFメンバーがDHCPスヌーピングと LLDPにて取得した当該ノードの機器情報をAMFマスターに通知します。この仕組みにより、AMFマスターまたは Vista Managerからのゲストノードの状態管理が可能となります。

・L2TPv2 LACモード(ルーター製品)
本拡張により、PPPoE ACとしてクライアントからのPPP接続を受け入れながら、自身がLNSとL2TPトンネ
ルを張り、当該トンネル経由でクライアントからのPPPトラフィックをLNSに転送する、LACとして動作することが可能になります。

<バージョンアップ対象製品>販売中
製品名            標準価格(税別)
AT-x230-10GP         ¥126,000
AT-x230-18GP         ¥199,500
AT-x230-28GP         ¥240,000
AT-AR4050S          ¥198,000
AT-AR3050S          ¥99,800
AT-AR2050V          ¥79,800
*アカデミック製品、保守バンドル製品については当社ホームページをご覧ください。

<新製品>
製品名                標準価格(税別)       リリース予定日
AT-x230-18GT              ¥140,000       5月6日
AT-x230-18GT-T5アカテ゛ミック      ¥126,000       5月6日
AT-x230-FL15              ¥55,000        5月6日
AT-AR2010V               ¥82,000        5月6日
AT-DRMT-J02               ¥7,500        5月6日
AT-AR4-AM40L-1Y-2016         ¥250,000       5月6日
(AR4000用AMFマスターライセンス(20メンバー(40リンク)、1年)

AT-AR4-AM40L-6Y-2016         ¥750,000       5月6日
(AR4000用AMFマスターライセンス(20メンバー(40リンク)、6年)

AT-AR4-AM40L-6Y-2016-T6アカテ゛ミック ¥675,000       5月6日
(AR4000用AMFマスターライセンス(20メンバー(40リンク)、6年)

AT-PWR150-70-T5アカテ゛ミック      ¥59,400       5月6日

---------------------------------------------------------------------

TEL:info@allied-telesis.co.jp
---------------------------------------------------------------------


アライドテレシス株式会社 マーケティングコミュニケーション部
田中 利道  E-mail: totanaka@allied-telesis.co.jp
TEL:03-5437-6042  URL:リンク
アライドテレシス株式会社  東京都品川区西五反田7-21-11第2TOCビル

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。