logo

TEPIA先端技術館に「Time Server Pro.」を常設展示

100万分の1秒の超高精度時刻同期を、楽しく学ぼう!

セイコーホールディングス株式会社(代表取締役社長:中村 吉伸、本社:東京都港区/以下、SHD)のグループ会社である、セイコーソリューションズ株式会社(代表取締役社長:山本 隆章、本社:千葉県千葉市美浜区)製の超高精度タイムサーバー「Time Server Pro.」が、TEPIA先端技術館(東京都港区北青山)の2016年度常設展示に採用され、4月22日(金)から展示を開始しました。

一般財団法人 高度技術社会推進協会(TEPIA)が運営するTEPIA先端技術館は、「体感しよう!未来を拓く先端技術」をテーマに、未来社会の発展の鍵となる先端的な産業技術を一堂に展示しています。
Time Server Pro.は、100万分の1秒という超高精度で、ネットワーク上の電子機器の時刻同期を実現します。TEPIA先端技術館の2016年度常設展示の中では、時間と空間の制約をブレイクスルーする先端技術製品として、“社会を支える正確な時刻と時刻同期”をテーマとしたブースに展示されます。
ブース内には、Time Server Pro.の展示、ビデオやパネルによる解説に加えて、陸上・短距離走のスタートをバーチャル体験するゲームを設置し、未来を担う小・中・高校生などの若い世代に楽しく学んでいただける体験型展示となっています。

なぜ100万分の1秒の超高精度時刻同期が必要なのか?
私たちが暮らす現代社会では、様々なものがインターネットにつながり、膨大な情報が行き交っています。それらを正確にやり取りするためには、情報を扱う電子機器の時計を正確に合わせておく必要があります。それを「時刻同期」と呼びます。
放送、通信、鉄道、金融、電力、IoTなどの分野では、100万分の1秒という超高精度で時刻を合わせる必要が出てきており、Time Server Pro.は、こうした近未来の時刻同期の要求に応えるために開発されました。


<超高精度時刻同期が要求される分野>
放送:次世代放送(8K放送)設備での時刻同期
通信:携帯基地局間同期
鉄道:運行/送電情報
金融:証券/対外取引
電力:発電所間同期、スマートグリッド
IoT :センサー監視

Time Server Pro.の詳細は、以下URLをご覧ください。
リンク


楽しく学ぼう!
未来を担う小・中・高校生などの若い世代に楽しく学んでいただけるよう、陸上競技・短距離走のスタートをバーチャル体験し、人間が体を使ってタイミングを合わせられる限界を計測するゲームを設置します。このゲームには、SHD所属の陸上・男子短距離の山縣亮太選手が登場する他、実際に陸上競技大会で使用されているスタートピストルが使用され、臨場感あふれる体感型展示となっています。


TEPIA 先端技術館2016年度常設展示 「体感しよう!未来を拓く先端技術」
リンク
展示期間:2016 年4月22日~2017年3月上旬(予定)
開館時間:10:00〜18:00(土日祝は 17:00 閉館)
休館日 :月曜日(祝日の場合は開館し翌平日休館)
場 所  :東京都港区北青山 2-8-44
入場料 :無料(アテンダントツアー見学、平日ワークショップは要事前予約)
報道関係の方からのお問合せ先:
セイコーホールディングス(株)秘書・広報部 tel:03-6739-9002

お客さまからのお問合せ先:
セイコーソリューションズ(株)ネットワークソリューション統括部NS営業部
Tel:043-273-3184
e-mail:support@seiko-sol.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

TEPIA-Time Server Pro.

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事