logo

YPO、Global Innovation Week開催に向け、広範囲に及ぶ動向やブレークスルーの特集の準備を進める

JCN 2016年04月21日 12時00分
From JCN Newswire


IRVING, TEXAS, Apr 21, 2016 - ( JCN Newswire ) - 世界中のトップ経営者とビジネスリーダーをネットワークで結ぶYPO は、新たな取り組みとなる「YPO Innovation Week」にて、グローバルイノベーションを紹介するための準備を進めています。YPO Innovation Weekでは、5月の1週間の間に、ニューヨーク、ロンドン、シドニー、シリコンバレーなど世界各地で30以上のイベントを開催します。

YPO最高経営責任者(CEO)のScott Mordellは、次のように述べています。「世界はますます小さくなり、相互に結びつきを強めています。そのなかでYPOは、先見の明があるだけでなく行動力のあるビジネスリーダーが、洞察を共有し、世界中の未来の経営者にインスピレーションを与えるための独自のプラットフォームを提供しています。」

YPO会員の多くは業界で最も優秀であると評価されています。これまでライブストリーミング配信によるイベントやグローバル カンファレンス コールなど、さまざまなコラボレーションプラットフォームを開発し、世界中のYPO会員24,000名及びその企業と関わり、破壊的技術のみならず、急速に変化を続ける市場の動向に適合する柔軟なイノベーション戦略を共有してきました。

YPO Innovation Weekでは、ワークショップ、カンファレンス、パネルディスカッション、プレゼンテーション、グローバル カンファレンス コールが実施されるほか、YPO会員が新しいアイデアを自社で実施可能な目標に変換するための体系的なセッションを開催できる「アイデア・ジャム」も行われます。また、トップ学生起業家同士の「サメの水槽」式の対決も実施され、YPO会員はお気に入りの学生起業家が率いるビジネススクールにバーチャルで投票することができます。

そのほか、ハーバード・ビジネス・スクール(HBS)の有名なケーススタディ方式による親近感と相互作用を再現するべく設計された仮想教室にて、参加者はHBS教授陣が提供する最善の方法を活用し、前例のないバーチャルな学習を体験することができます。同様に、グローバル カンファレンス コールでは、米国シラキュース大学ウィットマン・スクール・オブ・マネージメント教授のJohan Wiklund博士がADHD(注意欠陥・多動性障害)と起業家精神の相関関係を探求します。

YPO Innovation Weekのキックオフイベントでは、オーストラリアにおけるプライベート・エクイティ及びベンチャーキャピタルの創業の父であるBill Ferrisを特集し、新たなイノベーションの取り組みを活用する方法を議論します。週の後半には、シリコンバレーのYPO会員はPayPalキャンパスの限定ツアーに参加し、戦略やイノベーションについて議論します。

アジアを代表する起業家であり、グロービス・グループ代表の堀義人は、イノベーションがビジネスと社会をどのように変革するかについて議論します。彼は、多くの日本企業で受け入れられているイノベーションの原理を説明します。

YPO Innovation Week会長を務めるKevin Fallonは、次のように述べています。「起業家精神が、事業を土台から築き上げるのに対し、イノベーションは現存する企業の成長の主要な原動力となります。今日の革新的なトップ企業は、継続的な業績につながるプロセスや枠組みを設計しています。こうした企業では、確固たる規律が営業や日常業務の遂行にも適用されています。成功しているイノベーターを研究することで、イノベーションのパフォーマンスを加速するためのより良い道程を示します。」

YPO について

YPOは世界中のトップ経営者をネットワークで結ぶ組織で、共通する使命「Better Leaders Through Lifelong Learning and Idea Exchange」のもと、世界中の若い経営者が集まるグローバル規模のコミュニティです。今日、YPO は世界130カ国以上において多種多様な業界業種で活躍する24,000名を超える会員向けに、莫大な教育リソースへのアクセス、世界的な機関との連携、またビジネス、コミュニティ、個人的なリーダーシップをサポートする専門的なネットワークを提供しています。全体として、YPO会員が運営する企業において、世界中で1,500万人以上の人々が雇用されています。 www.ypo.org

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。