logo

北海道庁にて高橋知事とスクートCEOウィルソンが会見

スクート日本支社 2016年04月20日 09時26分
From Digital PR Platform


シンガポール・チャンギ国際空港を拠点に世界7カ国17都市に就航している中距離LCCスクート(日本・韓国支社長 : 坪川成樹 日本支社:東京都港区)は、日本で3都市目となる新千歳国際空港に10月1日就航いたします 。札幌とシンガポールを結ぶ初めての定期便として週3便運航いたします(台湾・台北経由 *政府認可申請中)。この報告のため、スクートCEOキャンベル・ウィルソンならびに日本支社長坪川成樹が4月19日午前、北海道庁に高橋はるみ知事を表敬訪問し、会見を行いました。

「ASEAN北海道事務所をシンガポールに開設し、6億人のマーケットであるASEAN地域のダイナミック性とその中心、シンガポールの重要性を認識しました。また、台湾も北海道との人的交流の深い場所です。シンガポール、経由する台北と新千歳を結ぶスクートの就航に期待しています。」(北海道知事 高橋はるみ氏のコメント)

「私自身も大好きな札幌のこの地に、スクートが10月1日より札幌とシンガポールを結ぶ初めての定期便として運航できることを大変嬉しく思っております。北海道はスキーや冬の旅行先としてすでに広く認知されていますが、高橋知事によると一年中四季折々の楽しみがあるということです。ぜひ海外の方に北海道の魅力を存分に満喫していただきたいと思います。また、北海道のお客様にもより手軽に台北やシンガポールを楽しんでいただきたいと思います。加えてビジネスのお客様のご出張や経済活動にもスクートは貢献させていただけると考えております」(スクートCEO キャンベル・ウィルソンのコメント)

今年は日本・シンガポール外交関係樹立50周年(SJ50)です。記念の年である本年10月1日からスクートの日本路線はこれまでの東京・大阪に札幌が加わり、週13便から週16便となります。これを記念し、2016年4月19日午前10時より新千歳便就航特別価格の航空券(成田、関空、新千歳発着)を販売いたします。

スクートはLCCながら世界初、全路線をボーイングの最新旅客機787(ドリームライナー)で運航しています 。(*全定期便路線)787の導入により約20%の燃費向上 (*従来機と比べ)と揺れやエンジン音が軽減された体に優しいフライトを実現しています。スクートのプレミアムクラス「ScootBiz(スクートビズ)」では、足元スペース(シートピッチ)が96cm、シート幅は56cm、シートのリクライニングが8度(20cm)のオールレザー・シートで、機内での温かい食事サービス、ストリーミング動画配信のSCOOTVがご自身の端末で楽しんでいただけることに加え、30kgまでの受託手荷物が料金に含まれています。その他、WiFiサービス(有料)、12歳以上のお客様対象の「サイレントゾーン」も用意し、スクートならではのサービスの姿勢Scootitude/スクーティテュードでお客様に快適な旅をご提供します。

【新千歳便就航特別価格】
札幌-台北/桃園(台湾) 
片道  エコノミー 4,870円(税込5,900円)、スクートビズ 9,870円(税込10,900円)

札幌-シンガポール 
片道  エコノミー 8,870円(税込 9,900円)、 スクートビズ 18,870円(税込 19,900円)

販売期間:日本時間2016年4月19日(火)午前10時より2016年4月21日(木)23時59分まで
旅行期間:2016年10月1日(土)から2017年3月25日(土)
購入 :flyscoot.comにてご予約いただけます
*上記以外に成田、関空発着の特別価格の航空券も発売いたします。旅行期間は2016年4月19日からとなります。詳しくは添付資料(3頁目)をご覧ください。

運航スケジュール(2016年10月1日より)  *関係省庁の認可を条件とする

火曜日/土曜日
TZ215 新千歳(CTS)19:30発 ⇒ 桃園(TPE)23:05着 / 0:05+1発 ⇒ シンガポール(SIN)04:50+1
TZ216 シンガポール(SIN)06:15発 ⇒ 桃園(TPE)10:35着 / 11:55発 ⇒ 新千歳(CTS)16:55着

木曜日
TZ215 新千歳(CTS)19:30発 ⇒ 桃園(TPE)23:10着 / 0:10+1発 ⇒ シンガポール(SIN)04:50+1
TZ216 シンガポール(SIN)06:15発 ⇒ 桃園(TPE)10:45着 / 11:55発 ⇒ 新千歳(CTS)17:00着

*すべての時刻は、現地時間で記載されています。 「+1」は1日後を意味します。
*今後変更される場合がございます。
 
使用機材: ボーイング787-8 座席数 エコノミー:314席 スクートビズ:21席 合計335席

スクートについて
Scoot(TM)はシンガポール航空グループの長中距離路線を運航するLCCです。2012年6月のサービス開始以来、累計600万人のお客様に搭乗いただいています。全路線(全定期便路線)を787ドリームライナー機で運航する世界初の航空会社です。現在シンガポール=シドニー、ゴールドコースト、バンコク、台北、東京、天津、瀋陽、南京、青島、ソウル、香港、パース、大阪、高雄、杭州、メルボルン線を運航しており、今年5月よりジッダ(サウジアラビア)に就航を予定しており、新たに札幌が加わることでネットワークがさらに広がります。
魅力的な価格、安全、信頼、そしてScootitude(TM) /スクーティテュード(Scoot+Attitude/スクートとしての姿勢)で表現される独自の旅行スタイルを提供いたします。快適な乗り心地に加え、Wi-Fi、専用電源などのサービス、そしてシンガポール航空のマイレージプログラム「クリスフライヤー」のマイル加算サービスを加えるなど、更なるお客様への快適さの提供を追求いたします。スクートは多様化する長距離旅行者のニーズに今後も応えてゆきます。
受賞履歴:AirlineRatings.com よる「2015&2016 ベストLCC」でアジア・パシフィック部門第一位、Skytraxによる「2015 世界のベストLCC」でトップ10入賞
航空券のご予約はホームページ:flyscoot.com、コールセンター:03-4579-5788、もしくはお近くの旅行会社までご連絡ください。
詳細はホームページ:flyscoot.com、Facebook:Facebook.com/FlyScootをご参照ください。


参考資料

リリース内に表記された札幌発着便以外に次の航空券を発売いたします。
【新千歳便就航特別価格】

成田-台北/桃園(台湾) 
片道  エコノミー 5,890円(税込8,500円)、スクートビズ 13,890円(税込16,500円)

成田-シンガポール 
片道  エコノミー 8,890円(税込 11,500円)、 スクートビズ 18,890円(税込 21,500円)

関空-高雄(台湾) 
片道  エコノミー 4,860円(税込7,900円)、スクートビズ 13,860円(税込16,900円)

関空-バンコク/ドンムアン(タイ) 
片道  エコノミー 7,850円(税込 11,000円)、 スクートビズ 17,850円(税込 21,000円)

関空-シンガポール 
片道  エコノミー 8,860円(税込 11,900円)、 スクートビズ 18,860円(税込 21,900円)

販売期間:2016年4月19日(火)午前10時より2016年4月21日(木)23時59分まで *日本時間
旅行期間:2016年4月19日(火)から2017年3月25日(土)
購入 :flyscoot.comにてご予約いただけます


**写真 左より北海道空港株式会社取締役副会長 山本邦彦様、
スクート日本・韓国支社長  坪川成樹、北海道知事 高橋はるみ様、
スクートCEOキャンベル・ウィルソン、道庁航空局長 阿部浩文様


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。